2018.07.19

いまやソロ・アーティストとしての地位を確固たるものにしたマー師匠の4年ぶり3作目。基本はシンプルなロックンロールだが、豪放なようで実は極めて繊細なソングライティングの妙と、緩急をつけながら変化に富んだフレーズを紡いでいくギター・プレイによって、どの曲にも独特の叙情が溢れている。やはり作曲家としても演奏家としても非凡な人だ。また、独り身ゆえの覚悟と気安さが共に感じられるのも良い。

関連アーティスト
pagetop