2018.07.30

デビュー10周年のツアーを終え、しばらく活動休止中のヴューからフロントマンが初のソロ作を投下した。シンプルなギター・ロックをベースにしているので本隊の熱心なファンもすんなり聴けるはずだし、セラピーを受けている際に書かれたという“Poor Me”など、内省的で少し落ち着いた雰囲気にソロならではの魅力も発見することができる。カントリー調の美曲では、彼の卓越したメロディーセンスを改めて実感。

 

関連アーティスト