2018.08.21

昨年活動20周年を迎えた孤高の音楽家による新作は、ループするシンセに抜けの良いビートが重なるスローモーなバレアリック・チューン“Before Landing”をはじめ、彼特有の煌びやかなチルアウトやアンビエント・ハウスが、より叙情的に、より清々しく深化した仕上がりに。心を揺らす流麗なメロディー、トライバルなグルーヴと至極の空間……すべてを独力で手掛けたその姿勢からも高い志が窺える。期待を裏切らない秀作だ。

関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop