2018.08.22

作詞/作曲、トラックメイクを自身で担う岡林健勝のソロ・プロジェクトによる2枚目のミニ・アルバム。都会的な黒さを匂わせるリズム・オリエンテッドな作風に磨きを掛けつつ、シンガロングなコーラスとファルセット・ヴォイスで開放的な昂揚感をもたらす“髪の花”がヴィヴィッドなアクセントに。楽曲によってバンド・サウンド/シンセ主体の双方に振れる柔軟なポップセンスは、LUCKY TAPESの高橋海を彷彿とさせる。

関連アーティスト
pagetop