TOPICS

Boyish、この夏の終わりに刻まれるセンチな新曲“サウダージ”

Boyish、この夏の終わりに刻まれるセンチな新曲“サウダージ”

2012年から活動し、日本ネオアコ史に輝く傑作となったサード・アルバム『Strings』(2016年)をリリースするも、同作のリリパを最後にフロントマン・岩澤圭樹以外のメンバーが脱退。以降は岩澤のソロ・ユニットとしていくぶんかペースを落としながら活動してきたBoyishが、7人体制のバンドとして7月より再始動。この度、自主レーベル〈いるかレコーズ〉から9月26日(水)に新作『めざめ』をリリースすることを発表した。収録曲“サウダージ”のミュージック・ビデオが公開されている。

MVは、新メンバーのコーラス/ヴォーカリスト、川崎友可吏が主演。サックスをフィーチャーした気怠いサウンドに乗って、彼女がベッドに横たわったり、夜の町を歩いたりするさまをとらえている。常に哀感や不機嫌さを堪えた横顔からは、寄る辺ない心が透けて見えるようだ。楽曲としては、3分以上に渡って続くアウトロが特に聴きどころ。〈ラララ〉というコーラスと次第に熱を帯びていくアンサンブルが、MVでの海岸で撮影された映像とあいまって、聴き手にタイトルとおりの〈なんとも表現しがたい〉感傷を喚起してくれる。酷暑と叫ばれた2018年の夏も終盤、少しだけセンチになりがちな日々にぴったりのナンバーだ。


リリース情報

2018年8月14日(火)
『サウダージ』
配信サイト
iTunes、Apple Music他
https://linkco.re/cT16G8Q4

2018年9月26日(水)
『めざめ』
IRKR-0001
2,000円+税

1.君の声
2.魚の夢
3.朝顔の花
4.サウダージ
5.星を見る
6.刹那
7.その青い潤んだ瞳を奪う前に
8.夏の日に
9.虹を見ていた

関連アーティスト