INTERVIEW

高木正勝インタヴュー 映画『未来のミライ』のサントラ、秋には〈マージナリア〉の世界観を感じられるソロ・コンサートも!

©OKAZAKI LOOPS

細田守監督とは3作目のタッグ、映画『未来のミライ』絶賛公開中! 秋には〈マージナリア〉の世界観を感じられるソロ・コンサートも!

 里山に暮らし、世界中を旅しながら、自分を取り巻く世界と語り合うように音楽を紡ぎ出してきた高木正勝。最新作はアニメ映画『未来のミライ』のサウンドトラックだ。細田守監督と組むのは3作目。監督は自由に曲を作らせてくれるらしいが、一貫したこだわりもあった。

高木正勝 未来のミライ -オリジナル・サウンドトラック- ワーナー(2018)

 「毎回『こんな音楽があうと思うんですけど』って監督が聴かせてくれる曲があるんですけど、それが全部同じなんです(笑)。ウディ・アレンの『ミッドナイト・イン・パリ』のサントラの曲なんですけど、ちょっとジャンゴ(・ラインハルト)みたいなジャジーなテイストの曲で、監督は『大人のコメディみたいな感じで良いでしょ』って。逆に僕が今までのアニメで使われていそうな曲を作ると『これだったら高木さんに頼みません』とボツになるんです」

 アニメより実写に近い音楽。そんな監督の好みを反映させて、サントラにはブラジル音楽風の大人のムードが漂う曲もある。

 「監督が脚本を書かれていた頃、ブラジル音楽をよく聴かれていたみたいで。監督と打ち合わせをした時、そういう音楽があうんじゃないかという話になって、最初は南米音楽を意識して曲を書いていたんです。でも、途中で『一回全部忘れてください』って言われて方向性を変えたんです。そんななかで最期まで残った曲もあって、南米っぽい曲は最初の頃の名残りなんです」

 高木によると、細田監督は音楽を発注する際、シーンについて説明をしないらしい。そこで高木は脚本を読みこみ、監督との会話のなかから曲作りのヒントを得る。ブラジル音楽の話のように突然方向性が変わることもあって、最後まで気が抜けない作業が続いた。

 「映画のなかで幻想的なシーンがあるじゃないですか。そこにどういう意味が込められているのか一切説明がないんですよ。だから、自分のなかでつじつまをあわせていくしかない。自分でひとつの物語を、自分がいちばん感動できる物語を作り上げて、それに対して音楽をつけていくような感じです。だから、絵と音楽の関係性が複雑なんですけど、そういう音作りを求められているのかな、と思っていて」

 つまり高木のサントラは、高木が読み解いたもうひとつの『未来のミライ』なのだ。「だから曲名には、自分が思い描いたイメージを盛り込むようにしているんです」と高木は言う。そんななか、今回のサントラの重要なエッセンスになっているのが声だ。ボーイソプラノ、コンピュータソフト、高木自身の声など、様々な声がどこか神聖な雰囲気を醸し出している。

 「細田さんの作品は、空とか大きな景色から見守っている感じがあるんです。そういうスケール感を出すには声が合ってる気がして。それで監督と話をしたなかで賛美歌というアイデアが出たんですけど、西洋の賛美歌だと宗教色が出てきてしまうので、ソロモン諸島まで行って現地の教会で歌われている賛美歌を聴いたりしました。結局、それはサントラでは使えなかったけど、すごく良い経験で〈マージナリア〉という自分のプロジェクトに活かしました」

 サントラと同時進行で取りかかっていたという〈マージナリア〉。完成した曲は随時ネットにあげられているが、それはどういったプロジェクトなのだろう。

 「家で窓を開けてピアノを弾いたら、外からいろんな音が入ってくるし、僕の音も外に出ていく。鳥が鳴いていたら僕はその鳴き声を意識して弾くし、鳥は僕のピアノを意識して鳴く。そういうやりとりを全部録音しようと思ったんです。スタジオで録音すると自分が聴かせたい音しか録らない。最近それが不自然に思えてきたんですよね」

 サントラというプロフェッショナルな仕事をしながら、自然と戯れるようなプロジェクトを通じて新しい世界を探検する。そんな音に対して開かれた心が、高木の音楽を豊かなものにしているのだ。

 


高木正勝 (Masakatsu Takagi)
音楽家/映像作家。1979年生まれ、京都府出身。12歳よりピアノに親しむ。19歳より世界を旅し撮影した映像作品を作りはじめる。2001年アルバム『pia』をニューヨークより発表。以降、 国内外でのコンサートや展覧会をはじめ、映画音楽(『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』、スタジオジブリを描いた『夢と狂気の王国』)、CM音楽、コラムの分野など幅広く活動している。

 


LIVE INFORMATION

ティグラン・ハマシアン・ソロ “For Gyumri ~光の記憶~”special opening act 高木正勝
○9/4(火)18:30 開場/19:00 開演
会場:兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
www.novusaxis.com/tigran_hyogo18.html

イベント『土と人』
○9/22(土)15:30開場/16:30開演
会場:栃木・益子町 山本八幡神社
tsuchitohito.com


©OKAZAKI LOOPS

高木正勝ピアノソロ・コンサート'Marginalia'
○11/23(金・祝)15:00 開場/16:00 開演
会場:東京・たましんRISURUホール(立川市市民会館)大ホール
www.novusaxis.com/marginalia_tachikawa18.html

関連アーティスト
pagetop