高橋アキ ピアノ・トランスフィギュレーション カメラータ (2018)

2018.08.28

優れた作曲の裏には、演奏家の存在に依るところが大きいものだ。稀代のピアニスト高橋アキはその技巧の高さや音楽観の深さから数多の被献呈・初演に関わることが多い音楽家だ。本盤は尹伊桑、松平頼則/頼暁、湯浅譲二にフェルドマン、シコルスキの6名が彼女と関わったことで生まれたピアノ作品群を収録。既に他の演奏者に数多く演奏されている曲でも、彼女の演奏は唯一無二の説得力を帯びる。いずれも70年代から90年代に書かれた作品だが2017~18年の演奏で収められているし、彼女自身による楽曲解説も付されている。6曲を通して高橋アキという存在の大きさを改めて思い知らされることになるだろう。

関連アーティスト