INTERVIEW

THE THIRD(仮) 『THE THIRD(仮)1st ライブ』 〈BanG Dream!(バンドリ!)〉から生まれた第三のリアル・ライブ・バンド、インタヴュー完全版

THE THIRD(仮) 『THE THIRD(仮)1st ライブ』 〈BanG Dream!(バンドリ!)〉から生まれた第三のリアル・ライブ・バンド、インタヴュー完全版

キャラクターとリアル・ライヴがリンクする! 次世代ガールズバンドプロジェクト〈BanG Dream!(バンドリ!)〉から生まれた第三のリアル・ライブ・バンドTHE THIRD(仮)。〈THE THIRD(仮)1st ライブ〉の〈音〉で表せないライブの空気感や演奏中の気持ちを、メンバーのRaychell、小原莉子、夏芽、倉知玲鳳に伝えてもらった。

THE THIRD(仮) THE THIRD(仮)1st ライブ ブシロードミュージック(2018)

――2018年3月25日に(東京・)下北沢GARDENでの〈THE THIRD(仮)1st ライブ〉開催までに準備していて大変だったことは何でしたか?

Raychell「改めてバンドリ楽曲を全て聴いて、それぞれどんな曲があるのか把握する事だったかなと思います。私たちTHE THIRD(仮)を含めた全バンドそれぞれの曲の特徴やバンドカラーを研究したのを覚えてます。各バンド楽曲の曲調や色の違いを全て体に入れ込む事は、時間がかかりましたし、とにかく大変でした」

小原莉子(以下、小原)「気持ちの面で、ライヴの日が近づくにつれていろんな想いが溢れ、プレッシャーとの向き合い方が少し大変でした」

夏芽「コーラスもガッツリやらせてもらったので、手数の多いリズムを刻みながら歌うのが難しかったです。めっちゃ練習しました! 苦労しつつも、楽しいんですけどね!」

倉知玲鳳(以下、倉知)「THE THIRD(仮)としての初めてのワンマン・ライヴは、人生ではじめてのワンマン・ライヴだったので、右も左もわからず、全てが大変でした。バンドでキーボードを弾く、ということ自体にもまだ慣れていなかったですし、バンドならではのノリも掴めず、とにかく必死でした」

――〈BanG Dream!(バンドリ!)〉の世界を具現化するため、みなさん、プレッシャーや苦労を重ねて準備してきたのですね。それではライヴの始まる直前の気持ちはどうでしたか?

Raychell「私たちにとって初の単独ライブでもあったので、スタートの時間が迫る度に、凄くドキドキしてました。でも本番ステージに立ち、バンドリーマーの皆さんの顔と温かい声援を聴いたら、緊張よりもみんなで楽しみたいという気持ちが強くなったのを覚えています」

小原「ライヴ終盤からの参加でしたが、始まる直前とても緊張していました。新たに始まる道、そしてそれを見届けてくれる、ここにいるファンの皆さんと楽しい空間にしたい、魅了したい、認められたい。そんな気持ちでいっぱいでした」

夏芽「期待と不安でとてもドキドキしてました。どんな反応が返ってくるのか、会場のバンドリーマーさんに受け止めてもらえるのか……」

倉知「すごく緊張していたと思います……たぶん(笑)。どんな気持ちだったか、あまり覚えていないくらい、緊張していたのかなと思います!」

――いよいよライヴがスタートするわけですが、ライヴ中のステージから見えるオーディエンスの反応や盛り上がりはどうでしたか?

Raychell「ステージ上から見たペンライトの景色が隅から隅までキラキラしてて、最高に綺麗でしたね。ステージからは来てくれた方々の顔がよく見えていたので、そのみんなからのパワーが力となって〈私たちからもみんなへ!!〉という気持ちでずっと演奏していました」

小原「自分の出番まで裏でライブの様子を見ていました。いざステージに立ったら〈この瞬間は冷静に見たくない! 一緒に興奮を感じたい!〉って思わせてくれる、バンドリーマーの皆さんの熱気を感じました」

夏芽「ステージに上がってバンドリーマーさんたちを見た瞬間その熱気が心だけではなく体全体にも伝わってきました!! ライヴハウスだったのでダイレクトでした!!」

倉知「コールやサイリウムの光、凄かったです!! みなさんの笑顔もバッチリ見ることができてとっても嬉しかったです! そして、皆さんの熱が物理的にも高まっていて、客席の上に水蒸気の雲が見えました! すごい!」

――ライヴ中〈私、キマッた!〉と思えたところは?

Raychell「Afterglowの“Scarlet sky”をカヴァーした時、落ちサビで、空を指差したところですかね。最初はリハーサルで紗英ちゃん(大塚紗英)がやっていたんですが、イイね!ってなって私もやらせてもらいました!」

小原「やはり! 当時初披露だった曲“R・I・O・T”でのギター・ソロです! ステージ真ん中のお立ち台に立って演奏したのですが、想像以上に皆さんとの距離が近くて、高揚がピークに達しました。〈キメてやるぞー!〉って気持ちで弾ききりました」

夏芽「これはもう!〈とうとう追い詰めたわよ、覚悟しなさ〜い〉のセリフですね! これしかないですね!w キマってたのかな……!?」

倉知「“R・I・O・T”のヘッドバンキングです!」

――みなさん、それぞれライヴで感じた熱が伝わってきますね。〈THE THIRD(仮)1st ライブ〉を振り返って自分が一番輝いたなと思ったことや曲は?

Raychell「〈THE THIRD(仮)1stライブ〉を終えて、これからもっと自分自身という石を磨いて、ライブでメンバーみんなと一緒に最高の輝きが出せるよう努力していきたいと思いました!」

小原「 “R・I・O・T”です。私たちバンドの代表曲でもあり思い入れのある曲なので、自分にしかできない弾き方や、曲の魅力を伝えたいっていう思いで弾きました」

夏芽「やっぱりオリジナル曲の“R・I・O・T”です!! こんなにカッコイイ曲をオリ曲でいただけるなんて幸せです!! 私の注目ポイントは、Bメロの下ハモとサビ前のドラムソロです!!」

倉知「5人で演奏した“R・I・O・T”です。色んな想いの中で演奏した、あの瞬間にしか出来ない“R・I・O・T”だったと思います」

――終わった後の気持ちはどうでしたか?

Raychell「ライヴが楽しすぎて、時間が過ぎるのがめっちゃ早かったです。まだライヴがしたいし、バンドリーマーのみんなと一つになっていたいって思いました」

小原「皆どう感じてくれたかな?という気持ちと、帰りにお見送りをしたのでその時は皆さんのお顔がとても近くてドキドキしました。でもダイレクトに皆さんの気持ちがそこでも伝わってきて嬉しかったです」

夏芽「出し切った!!!って感じでした。ここからどんどんバンドの物語のページが増えていくんだなと、しばらく興奮していました」

倉知「楽しかった! もっと演奏したい! 最初の曲からもう一回やりたい!と思いました。それくらいあっという間に終わってしまった楽しいライヴでした」

――〈THE THIRD(仮)1st ライブ〉がパッケージングされる現在の心境は?

Raychell「素直に嬉しいです。しかもライヴ音源なので、良いも悪いも全て含まれています。それも含めて是非、日常の中でもライヴを感じながら、バンドリ楽曲を存分に楽しんでもらえたらなと思います」

小原「始まりの瞬間を形として世に出すことができること素直に嬉しいです」

夏芽「ライヴ音源のリリースは人生初なのでとてもドキドキしてます!! ライヴに来れなかった方々には音を聴いてライヴを想像して欲しいです!!」

倉知「ライブをおこなった当初はまさかCDになるなんて思ってもいなかったので、ビックリです。未だに実感が湧かないです……(笑)。本当にありがとうございます!」

――ありがとうございました。今後は、RAISE A SUILENとしてとなりますが、〈THE THIRD(仮)1st ライブ〉を経て、今後チャレンジしたいことは?

Raychell「私は、THE THIRD(仮)には最高のメンバーが揃ってると思います。メンバーと支えてくださるスタッフさんと、いつも応援してくれているみんなと、まだ見たこと無い景色を共に見るためにどこまでも、どんなことでも、挑戦していきたいと思います。バンドリーマーのみんな、私たちについてきてね」

小原「皆さんから直接私たちのバンドへの感想や気持ちを聞ける機会を作りたいです! あとは、世界に通用するようなバンドになりたいので日本武道館でライヴがしたいです! そして、いつかまた下北沢GARDENへ成長した姿で帰ってきて、RAISE A SUILENらしいライヴがしたいです!」

夏芽「サードを経て、今はメンバーも揃いこれからRAISE A SUILENとしての活動が始まります。とにかくジャンルとか関係なく沢山の人に聴いてもらいたいし見てもらいたいんです!! 沢山ありすぎて書ききれないよーー!!! とにかく色々なことにチャレンジしたいです!!!」

倉知「〈THE THIRD(仮)1st ライブ〉では、大塚紗英さんがメンバーを引っ張って、支えて、繋げてくださいました。今度はRAISE A SUILENとして、成長した姿で、6人で演奏してみたいです!!」

メンバーたちが語るそれぞれの未来に向けてこれからも目が離せない!

関連アーティスト
pagetop