2018.09.18

言葉やサウンドが自然と滲み出るかのようにいいムードで活動しているここ最近のLACCO TOWER。結成から16年を過ぎてもバンドの成長が実感できるからこそ、深い優しさをもって始まりの季節を歌う“若葉”みたいな名曲がふっと生まれるのだろうし、“雨後晴”“花束”にしても美しく飛翔する様を思わせるメロディーに泣けてしまう。強気でぶっちぎるメタル調の“狂喜乱舞”など、狂想的な激情を湛えたナンバーも鮮やか!

 

関連アーティスト
pagetop