2018.09.25

ボノボを彷彿とさせる抒情的なサウンドで、同業者からの支持も厚いマリブー・ステート。前作に引き続き、今回も生楽器とエレクトロニクスをブレンドした郷愁を誘う楽曲揃いだ。XXやジェイムズ・ブレイクと共鳴するメランコリーを湛えた歌モノから、ピッチシフトしたヴォーカルとエキゾなスパイスも効かせたクルアンビン参加曲まで、チルとダンスの狭間を縫うようなグルーヴに身体も骨抜きに。

関連アーティスト
pagetop