INTERVIEW

セントチヒロ・チッチ『夜王子と月の姫』 リーガルリリーを迎えた銀杏BOYZのカヴァーと、そこに込められた想いを語る!

セントチヒロ・チッチ『夜王子と月の姫』 リーガルリリーを迎えた銀杏BOYZのカヴァーと、そこに込められた想いを語る!

セントチヒロ・チッチのソロ・デビュー曲はリーガルリリーと組んだGOING STEADY/銀杏BOYZのカヴァー! BiSHの柱たる歌声は憧れの名曲にどんな生命を吹き込んだのか?

 両A面シングル『夜王子と月の姫/きえないで』という形態でそれぞれソロ・デビューを飾った、BiSHのセントチヒロ・チッチとアイナ・ジ・エンド。そもそも今回のリリースは昨年末に行われた〈WACK総選挙〉という投票企画を発端とするもので、そこで1位に輝いたのがセントチヒロ・チッチであります。彼女が選んだのは、GOING STEADY/銀杏BOYZのカヴァー“夜王子と月の姫”。かねてから敬愛を口にしてきた峯田和伸の名曲を、たかはしほのか(ヴォーカル/ギター)、ゆきやま(ドラムス)、海(ベース)という気鋭のトリオ、リーガルリリーのアレンジ/演奏で仕上げたものです。今回の企画までは「一人で何かやりたいとか考えたこともなかった」というチッチに話を訊いてみました。

セントチヒロ・チッチ,アイナ・ジ・エンド 夜王子と月の姫/きえないで〈CENTCHiHiRO CHiTTiii盤〉 avex trax(2018)

 

いまの時代に歌う意味

——今回のソロは、いつもの松隈ケンタさん以外の方と作る前提だったんですね。

「はい。まず誰とやってみたい?っていう話があって、その時に私は峯田さんしか浮かばなかったんです。ただ、もちろん忙しいし、曲作るのも難しいっていうお話だったので、だったらカヴァーさせてもらえないかなっていう流れで実現しました。私が音楽にのめり込んだ原点はGOING STEADYだったから、何かの形で峯田さんに関わるものにしたくて」

——銀杏じゃなくゴイステからなんですね。

「はい、初めて聴いたのは“BABY BABY”でした。高校で先輩にいっぱいCD借りたなかに『さくらの唄』があって、そこから青春パンクにハマっていったんです」

——この曲を選んだ理由は?

「世界観も凄く好きだし、いちばん自分で歌える曲だったんで“夜王子と月の姫”がいいなって。私が高校生でハマった頃、けっこう人間関係がうまくできなくて、そんな時に孤独から救ってくれた曲だったんですよ。昔からいつも誰かに嫌われてると思ってたし、いじめられてたこともあるし。そんななかでもゴイステや銀杏は、私にとって生きるために必要な、空気みたいなもので。寂しい時に聴いて〈ひとりだけど、音楽だけは一緒にいてくれる〉って思わせてくれた曲だったから、私もまた誰かがそう思ってくれるような曲が歌いたくて。好きって言っても、もちろん最初からずっと追えてきたわけじゃないけど、そういう私がカヴァーして、いまの時代に歌うことに意味があると思ってやってます」

——峯田さんのカヴァーってあんまりないですよね。〈夜王子〉も、トリビュート盤『きれいなひとりぼっちたち』で曽我部恵一さんが歌ってるのぐらいしか聴いたことなくて。

「ですよね。だから今回のカヴァーも〈難しいかもしれないよ〉って言われてて、期待して落ち込むのが嫌だから最初から半分諦めてました(笑)。歌えることになった時はめっちゃ嬉しかったですね」

——峯田さんとはBiSHの“JAM”のMV(メンバー各々が会いたい人に会うという内容で撮影された)で共演された縁もあって。

「きっかけは雑誌の『Bollocks』さんでサンボマスターの山口(隆)さんたちと座談会させてもらったことで、そこからライヴ観に行かせてもらって話すようになったりして。〈OTODAMA〉で共演した時は初めてBiSHのライヴを観てくれて、〈凄くカッコ良くて好きになった〉っていう伝言をいただいたり。そういう積み重ねもあったから、実現できたのかなって思います」

 

カヴァーだけど私そのもの

——男声だと温かい感じですけど、チッチさんの〈夜王子〉は清らかな感じというか、何とも言えない儚さがあります。

「生命を吹き込むみたいな気持ちになって歌って、出来てみたら凄い切ない〈夜王子〉になりました。私の良さを活かすなら切なさを出して、でも、まっすぐな感じも私らしいから、そこも表現したくって。リーガルと凄い話して、自分のやりたかった理想通りになりました」

——普段のチームじゃない人とのレコーディングも、なかなかない機会ですね。

「うん、いつもいるチームの人は誰もいなかったので、外国に来たような気持ちで、留学生じゃないけど〈全部吸収して帰ろう〉って。私には初めての経験ばかりで、本当は歌録りの時間がスタジオ入りだったんですけど、お願いして最初のドラム録りからずっと見てて。私がやりたいって言った曲をリーガルの3人が楽しそうに、まっすぐにやってくれて、それにも凄い感動したし。ソロだけど〈全員このチームの人たちで作り上げてるな〉っていうのを凄く感じられました。いままで知らなかったプリプロからTDまで、一曲作るのにこんなに時間がかかるんだなって知れたし」

——リーガルリリーに依頼した経緯は?

「ほのかちゃんと前から仲が良かったんですけど、もともと曲やバンドの世界観も大好きだし、ほのかちゃんの人間としての在り方も凄く尊敬してて、ホントに〈音楽がないと生きていけない〉っていうか、才能でしかないんですよ。今回の編曲を誰にお願いするか考えた時に、同じ世代で、女の子で、自分たちの世界を持ってて、〈夜王子〉に合いそうな人たちって考えたら、もうリーガルだったんです。だから真っ先に連絡して、1対1で会ってお願いしました(笑)。ほのかちゃんは完全にオルタナというか、海外のバンドが凄く好きだから、銀杏BOYZは通ってないけど、逆に通ってこなかった人とやりたいって気持ちがあって。オリジナルに引きずられない、その人たちなりの〈夜王子〉を一新して作ってほしかったから。なので、〈こういうのをやるのは初めてだけど、選んでくれて嬉しかったし、リーガルがやりたいことも全部詰め込むよ〉って、むちゃむちゃ試行錯誤しながら期待を超える素晴らしいものを作ってくれました。うん、ギターとか何度も何度も重ねてくれて、凄かった。ちょうど海ちゃんがサポートから正式メンバーになってすぐぐらいの時に録ったんですけど、スタジオでみんな一緒にやりとりしながら作り上げていくのっていいなと思って。何か私もメンバーになった気分でやらせてもらって(笑)」

——世代の近い人と一緒に何かやる機会もなかなかないですもんね。

「はい。みんなでどんな〈夜王子〉になるのかワクワクしながら作っていけたから、忘れられない体験になりそうです。あと、録ってくれたのも、ゴイステと銀杏の〈夜王子〉を録ったエンジニアさん(近藤圭司)にやってもらったんですよ。そこもこだわりだったんですけど、〈君の声は凄い頭に残るから、俺は凄くいいと思う〉〈良い“夜王子”が出来たね〉って言ってもらえて」

——それは嬉しいですね。

「めっちゃ嬉しかったです(笑)。他にも衣装はゴイステの〈夜王子〉の裏ジャケに描かれてる女の子の着てる服をイメージして、BiSHでもお世話になってるソッティーさん(外林健太)なりに作ってくれたもので。そこもこだわりだし、MVは銀杏を大好きなエリザベス宮地さんがすっごい考えて撮ってくれて。私は宮地さんの映像が凄く好きだし、もう好きが集まってるというか、めっちゃ自信がある曲になりました。演奏も衣装もMVも全部好きな人たちのもので、原曲もそうだし、だから、カヴァーだけど私そのものだと思って聴いてほしいです」

——11月には銀杏BOYZさんのツアーの名古屋でBiSHの出演が発表されましたけど、今回のカヴァーを峯田さんも聴かれたうえでオファーがあったわけですよね。

「そうみたいです。銀杏のスタッフさんに会った時に〈峯田も聴いて、めっちゃ良いって言ってたよ〉みたいなことを言ってくれてて、その後に連絡をいただいたみたいなので。カヴァーも聴いてオファーをいただいたのなら、私からしたらホントに嬉しいことで。その日までに絶対、自分の気持ちを作り上げていこうと思ってます」

 

次の目標ができた

——今回は両A面のアイナさんに加えて、アユニさんも同時リリースとなりました。

「アイナの“きえないで”は前から知ってた曲ですけど、これはBiSHなら歌わない完全なラヴソングで、凄い女の子の部分ですよね。やっぱアイナはBiSHでいちばん〈女性〉だと思うし、アイナを表してる曲だなって思います。だからアイナのそのままが、いろんな人に伝われればいいなって思います。アユニのは私たちもギリギリまで知らなかったので、〈誰にも言わずにがんばってたんだな〉ってお姉ちゃんみたいな感じで聴きました(笑)。すっごいアユニの世界でいいですよね」

——羨ましさはなかった?

「ミニ・アルバムとかバンド編成のライヴとか、凄く羨ましいと思ったんですけど、スタッフさんに言われたのは〈いまは今回のソロを最高の一曲にして、チッチもアルバム出せばいいんだよ〉ってことで。だから次の目標ができたっていうのもあります。今度は両A面じゃなくてちゃんとソロで出したいし、〈自分もアルバム作れるくらい力を付けよう〉って」

——今回のリーガルさんみたいに、同世代の方々と一緒にやるのもいいですし。

「そうですね。音楽やってる友達が多いのでいろんなことを吸収できてるし。いろんな話をしてBiSHのことも一緒に喜んでくれるし、それってやっぱ一緒の時代に一緒の世代で音楽をやってるからこそだろうなって思ってます」

——では今後はソロにも期待ですね。

「うん。私がなりたいBiSHは〈一人一人が強くて6人集まったら最強〉みたいなグループなんですけど、最近は個々のやりたいことが見えてきたと思うし、私も自分のやりたいことがよりわかってきました。BiSHを根本にしながら、自分ができることにはどんどん挑戦していきたいですね」

pagetop