INTERVIEW

ザ・なつやすみバンド『映像』 この10年の経験を踏まえて出発点を見つめ直したバンドが旅の過程で刻んだモニュメント!

ザ・なつやすみバンド『映像』 この10年の経験を踏まえて出発点を見つめ直したバンドが旅の過程で刻んだモニュメント!

聴き手の原風景を呼び起こすノスタルジックな感触と、強い作家性——この10年の経験を踏まえて出発点を見つめ直したバンドが旅の過程で刻んだモニュメント!

まだまだ旅の過程

 今年で活動10周年を迎えたザ・なつやすみバンドが新作『映像』を完成させた。2008年の結成後、片想いでの活動やceroなどのサポートでも知られるMC.sirafu(スティールパン/トランペット)が加入し、2012年に発表のファースト・アルバム『TNB!』は自主制作ながら〈CDショップ大賞〉にノミネート。以降はメジャーから2枚のアルバムを発表しているが、本作は〈4枚目のオリジナル・アルバム〉ではなく、あくまで〈10周年記念アルバム〉なのだという。

ザ・なつやすみバンド 映像 VYBE(2018)

 「〈10年バンドを続ける〉って、好きなことを好きな人たちと好き勝手やってきたって思えば全然大したことじゃない気もするけど、とはいえ結構大変なことだとも思うんです。でも、それって僕たちだけじゃなくて、協力してくれる人、一緒に演奏してくれる人、応援してくれる人たちがいたからここまでやって来られたっていうのがあるので、今回はそれに対する感謝を表しつつ、まだまだ〈バンド〉という旅の過程のアルバムだと思ってます」(MC.sirafu)。

 当初はリミックスなども含めた2枚組を想定していたそうだが、結果的には新曲/コラボ曲/リテイクを収録した全10曲のアルバムに結実。ノスタルジックな感触はそのままに、中川理沙(ヴォーカル/ピアノ)が近年傾倒しているミナスの音楽家からの影響もあって、聴き手それぞれの原風景を呼び起こすような楽曲が並んでいる。

 「最初にアレシャンドリ・アンドレスとか、〈新世代〉と呼ばれる人たちをまず好きになって、その人たちがどういう音楽を聴いて育ったかを辿っていくうちに、ミルトン・ナシメントやトニーニョ・オルタなども聴くようになりました。新世代の人たちって、自分の国の風景とか物語を大切にしながら新しいことをしている印象があって、私はブラジルのことはわからないけど、日本でずっと生活をしてきているので、日本の景色とか日本語の響きの美しさを改めて大事にしたいと思ったんです」(中川)。

 

空気みたいに

 そんなミナスへの憧れを楽曲へと昇華したのが、ミツメとのコラボレーションによる“蜃気楼”。ミュートの効いたやや変則的なリズムにミツメらしさを感じさせつつ、中川と川辺素のデュエットが好相性な一曲に仕上がった。

  「私は拍を2拍子で取って作ったんですけど、ミツメは3拍子だと思ったみたいで、最初〈どうなってるかわかんない〉って言われて(笑)。録音はシラちゃん(MC.sirafu)と歌だけ後乗せで、他は全員で一気に録りました」(中川)。

 「ドラムは一回、須田さん(ミツメの須田洋次郎)とスタジオに入って、打ち合わせをしました。同じリズムが鳴ってると思いきや違うリズムに離れたり、とツイン・ドラムならではのおもしろさが出せたと思います」(村野瑞希、ドラムス)。

 Enjoy Music Clubとのコラボによる“Future Heads”は、中川がヴォーカルで参加したEnjoy Music Clubの“ナイトランデヴー”に続く「〈恋人たちバルト9三部作〉2曲目のイメージ」(MC. sirafu)で、曖昧な男女の心象風景と街の情景とのリンクが切なさを際立たせる一曲。そして、『TNB!』の1曲目に収録されていた“なつやすみ(終)”のリテイクには、昨年から中川がサポートで参加している空気公団の山崎ゆかりをヴォーカルに迎えている。

 「2年前くらいの自主企画へ空気公団に出てもらったとき、最後にこの曲を一緒にやったんですけど、ゆかりさんが歌ったのを聴いたら〈空気公団の曲みたい〉って思うくらいぴったりハマって、これは録音して残したいなって。その後、空気公団でコーラスをするようになって自分も曲を作るときにコーラスを一緒に考えるようになったし、改めて〈日本語を大事にしたい〉と思ったんですけど、そもそも学生のときに〈空気公団みたいなバンドを組みたい〉って思ってたんですよね。歌がバン!って前に出るんじゃなくて、ホントに空気みたいに景色と一緒になっていてくれる、そういうバンドが理想だったんです」(中川)。

 

原点を見つめ直して

 “なつやすみ(終)”以外にも、“echo”や“S.S.W”といった過去曲がリテイクされ、近年のサポート・メンバーである池田若菜のフルートや、NAPPIのトロンボーンが入った現在のライヴ・アレンジで収録。一方の新曲に関しては、関口将史のアレンジによるストリングスとスネアのロールがタイトル通り〈風〉を感じさせる“風を呼ぶ”が、『映像』というアルバム・タイトルを象徴しているように思う。

 「〈10周年〉を意識して曲を作ろうと思って、バンドを始めた頃のことを思い出したときに、危うい儚さを持った、風みたいな女の子との出会いを思い出して、疾走感がありつつ、懐かしい感じの曲を作りたいと思ったんです」(中川)。

 「ドラムに関しては、(中川が)〈スマッシング・パンプキンズみたいに〉って言ってて、仮タイトルもずっと〈スマパン〉でした(笑)」(村野)。

 「アルバム・タイトルは、ドビュッシーの〈映像〉っていう作品集を聴いてて、いいなって。いま自分たちが作ってるものも、立体感や奥行きがあって、映像的なんじゃないかなと思って」(中川)。

 中川の作る曲に対して、合唱風のコーラスがなんともこのバンドらしい“喪のビート”や、ストリングスを配しつつ、後半でエクスペリメンタルな展開に突入する“絵になる最初”では、MC.sirafuが強い作家性を発揮している。

 「“喪のビート”は葬式の曲で、自分の人生における思い出とか情景とどうやって決別するか、どう折り合いをつけるかってことを書いた曲です。みんなで歌ってるサビは完全にセカンドラインのイメージで、何かとお別れをするときに、別にしんみりしなくてもよくて、みんなでパレードしてもいい。それぞれの決着の仕方。そういう曲をこのバンドでもやれてよかったなって。“絵になる最初”はもともと半分インストみたいな曲をやりたくて、弦のアレンジを関口くんとやり取りしてたんですけど、終着点がマジで見えなくて、マスタリング前日まで作業してました。スタジオで試行錯誤するのって、みんなでキャンバスに色を付けていく感じに近くて、その創作が渦巻いてる感じを曲にできたかなって思います」(MC.sirafu)。

 ラストは、いまはなきバンド雑誌からの引用(?)をタイトルに冠し、〈憧れは果てのまた向こうで/いつまでも届かぬ苛立ちさえ/抱きしめて今を歌おうぜ!/あの日にかかった魔法のように〉と、みずからの原点を見つめ直す“バンドやろうぜ!”で締め括られる。

 「10年間楽しいこともたくさんあったけど、でもまったく違う人間が4人集まって、ずっと同じ方向を向いてやっていくのってやっぱりすごく難しくて。それでもこうやって続けてきたのは奇跡みたいなことだと思うし、この4人じゃなきゃ出せない音でずっとやって来れたことに感謝したいと思って作りました。去年は一時期全然曲が出来なくて、モチベーションが下がってる感じもあったんですけど、今回のアルバムはもう一回気合いを入れ直す作品にもなりましたね」(中川)。

 「なので、僕としてはもう次のアルバムを早く作りたいんですよね。モニュメントとしてこの10年を刻んだことで、いまはまた最初にバンドを組んだときのようなワクワクした気持ちが戻ってきてるので、これからの展開にも期待していてほしいです」(MC.sirafu)。

関連盤を紹介。

 

『映像』に参加したアーティストの作品。

 

ザ・なつやすみバンドの作品。