2018.10.01

4年も間が空いてのセカンド・アルバム。前作で手の合ったフラーコが半分ほどを手掛けたほかは制作陣を一新し、マインドデザインによる冒頭の“Dang”からもわかるように、全体の雰囲気は予想以上にオーセンティックな方向に舵取りされている。リアルタイムで全盛期のサー・ラー(タズ・アーノルドも参加)とかに触れていた人なら妙な懐かしさも感じるはずだが、それはさておいても引き続き高水準なのは間違いない。

 

関連アーティスト
pagetop