2018.10.01

成長著しい3作目は、トロピカル・ハウスを採り入れた“偽善者”などダンサブルなアプローチが耳を惹く。演奏力や表現力の目覚ましい向上もあり、バンドとして新たなステージに到達したようだ。ソングライティングは今回もズバ抜けていて、恋愛につきものの狂おしい心情を、陰も陽もありのままに描き出してメロディーと結び付ける力量は、比肩するものがなかなか見つからないレヴェル。真骨頂の一作だ。

 

関連アーティスト
pagetop