SERIES

【連載:原田珠々華の歌いながら行こうよ】[第3回]Galileo Galilei“夏空”

期待の16才が大好きな音楽と日常を綴る連載!

【連載:原田珠々華の歌いながら行こうよ】[第3回]Galileo Galilei“夏空”

 9月4日。AIS-All Idol Songs-(以下AIS)というひとつのアイドル・グループが解散を発表した。2018年、解散を発表したグループはいくつに及ぶだろう。私が活動していたアイドルネッサンスもそのひとつだ。

 AISは、所属事務所SMAの第1弾アイドル・グループだったアイドルネッサンスに続く第2弾グループであり、ファンの方々からは〈アイドルネッサンスの妹分〉とされていた。だが結成当初は妹分というよりか、ライヴァル関係に近いグループだった。わかりやすく言うならばAKB48さんと乃木坂46さんのような位置関係である。この文章が皆さんの手に届く頃には、もうAISは解散しているということを考えるとなんだか信じられない。

 自分のグループが解散すると決まった時、私は正直あまり動揺していなかった。落ち着いていた。受け止めることができた。日に日にラスト・ライヴに近づいてきて悲しみを感じつつあったけれどぼんやりした気持ちでいた。

 アイドルネッサンスはライヴ前に必ず円陣を組んでいた。最後の円陣。全員で右手を出して親指を立て、〈グッド〉のポーズをした瞬間、流れていた会場BGMと〈今〉が重なり、心の奥底に沈んでいた感情がブワッと上がってきたのがわかった。

 その瞬間、青春が終わった音がした。

Galileo Galilei パレード ソニー(2011)

 今回紹介する曲は、Galileo Galileiさんの“夏空”という曲です。その時に流れていた会場BGMこそ、この“夏空”。歌詞がとても良いし、サビのメロディーもすごく疾走感があって、夏に自転車をこぎながら聴きたくなります。普段なら歌詞の中に好きな部分があるのですが、この曲はもう歌詞のすべてが最高なので好きな言葉を選べません。解散後、何度もこの曲に励まされました。アイドルもシンガー・ソングライターも変わらないのは、簡単な道ではないということ。迷って躊躇う時、いつも背中を押してくれた一曲です。みなさんもぜひ聴いてみてください。

 アイドルネッサンスも、AISもそれぞれ素敵な音楽を届けていたことには変わりありません。そして私はアイドルネッサンスであったことに誇りを持っています。アイドルネッサンスがあったからの今だということを思いながらステージに立っています。いつかの未来にまた出会った時、お互い笑顔で今を語り合えたら幸せです。グッドラック。

 


原田珠々華(はらだすずか)
2002年生まれ、神奈川出身の16歳。アイドルネッサンスの一員として活躍後、シンガー・ソングライターもアイドルも網羅するスタイルをめざしてソロ始動。12月13日にはバンド・セットでの初ワンマン、同23日にはアコースティック・セットでのワンマンを控えています。
作詞/作曲/ギター/アイドル/サメ/文学少女/弾き語り動画  #すずがたり

関連アーティスト
pagetop