2018.10.03

各々キャラの立ったBiSHでメキメキ頭角を表し、楽曲でもキーになるパートを歌うことの多くなっていたアユニ・Dだけに、今回のソロ・デビュー自体は頷けるところ。ただ、本人がベースも弾くバンド編成のプロジェクトで(ライヴでのギターは田渕ひさ子!)、いきなりミニ・アルバムを投入してきたのは驚きだ。松隈ケンタによる楽曲はいずれもザクザクしたリフでソリッドに衝動を鳴らし、冷めた熱気を孕む歌唱と直情的でラウドな演奏のコントラストが無条件でかっこいい。幕開けの“ゴミ屑ロンリネス”から傷だらけのアユニ節が狂い咲き、威勢のいい“GALILEO”や“MAD DANCE”などの暴走チューン、ラストを飾る“うた”の“Purple Rain”ばりに咽び泣くエンディングまで、何とも寂しげで粗削りな輝きに胸を打たれる。