COLUMN

3年ぶりのニュー・アルバム『Trench』のリリースを記念して、トゥエンティ・ワン・パイロッツのこれまでを振り返ろう!

3年ぶりのニュー・アルバム『Trench』のリリースを記念して、トゥエンティ・ワン・パイロッツのこれまでを振り返ろう!

オハイオから大きく飛び立ったヤンチャなパイロットが、3年ぶりのフライトへ向けてコックピットに着席したよ! 今度はどんな場所まで私たちを連れ出してくれるの?――期待に胸膨らませながら2人のこれまでを振り返ろう!!

 トゥエンティ・ワン・パイロッツはUSのミレニアル世代を代表するバンドだ。650万枚以上のセールスを記録した前作『Blurryface』(2015年)で、彼らはグラミー賞を獲得。その授賞式にブリーフパンツ姿で登場したことも話題となったものだが、いよいよ10月5日に待望のニュー・アルバム『Trench』がお目見えする。その前にいま一度グループの歩みを振り返っておこう。

TWENTY ONE PILOTS Trench Fueled By Ramen/ワーナー(2018)

 

ミレニアル世代の新しいロック

 舞台はオハイオ州のコロンバス。実家の地下室で曲作りをしていたタイラー・ジョセフ(ヴォーカル/ピアノ)のもとに、ニック・トーマス(ベース)とクリス・サリー(ドラムス)が集い、トゥエンティ・ワン・パイロッツという物語が始まった。バンド名はアーサー・ミラーの戯曲「みんな我が子」から取られている。3人は2009年に自主制作盤『Twenty One Pilots』を発表し、オハイオ州内でツアーを敢行。その後、2011年にニックとクリスが脱退し、代わりにクリスと同じギター・ショップで働いていたジョシュ・ダン(ドラムス)が加わって現在の編成に。2人は2作目『Regional At Best』(2011年)を携えて精力的にライヴを行い、そのステージに圧倒された観客の口伝えという地道な方法で名前を広めていく。そしてとうとうフェルド・バイ・ラーメンと契約を交わすことになるのだ。

 ラーメンと言えばフォール・アウト・ボーイを筆頭に、パニック!アット・ザ・ディスコやジム・クラス・ヒーローズ、ファンらをブレイクさせて一大ブランドを築いたレーベル。ポップ・パンク/エモを起点にハイブリッドなロックを鳴らすアーティストが数多く在籍するこの場所は、トゥエンティ・ワン・パイロッツにぴったりのホームとなった。

 2012年の移籍第1弾EP『Three Songs』を挿み、翌年1月にグレッグ・ウェルズをプロデューサーに迎えて通算3枚目のフル・アルバム『Vessel』をリリース。鮮やかなラップと憂いを含んだ歌を自在に操るタイラーのマイク・パフォーマンス、弾丸のように強力なリズムを叩き出すジョシュのプレイが一体となったサウンドは、ヒップホップやEDMを独自のセンスで融合した〈新世代のロック〉と呼べるもの。アーバンものもクラブ・ミュージックもごく普通に親しんできた2人の目には、同作を聴いてつまらないジャンル論を繰り広げるメディア関係者がさぞかし滑稽に映った……かもしれない。

 ちなみに、日本では『Vessel』収録の“Guns For Hands”がCMに使われていち早くヒット。これに関してジョシュは「信じられないよ。活動を始めた当初は自分たちでCDを配っていた。昔はそうやって俺たちの音楽を広めていたんだ。だから、地元のオハイオから遠く離れた日本でトゥエンティ・ワン・パイロッツの曲がTVから流れ、ヒットするなんて物凄くクールだね」と、当時の取材で語っていた。

 

2人が熱烈に支持される理由

 その『Vessel』、全米チャートでは最高58位に終わったものの、2人は国内外でツアーを続け、確実にファン層を拡大していく。その甲斐あって4作目『Blurryface』では全米1位という快挙を達成。複数のプロデューサーと組み、持ち前のジャンル横断型サウンドにダブやレゲエの要素を追加したスタイリッシュな同作からは、“Ride”“Stressed Out”“Heavydirtysoul”と次々にシングル・ヒットが生まれ、とりわけ“Stressed Out”はラーメン内で最多の動画再生数を記録している。さらに、映画「スーサイド・スクワッド」(2016年)に提供した“Heathens”も全米4位に付け、この頃はラジオで彼らの曲を耳にしない日がないほどの状況に。当然ライヴの規模も大きくなり、マディソン・スクエア・ガーデンをはじめとする全米各地のアリーナ会場がソールドアウトとなった。

 日本でも2015年7月にONE OK ROCKの前座で、2万人のオーディエンスを前にライヴを披露。そのまま〈フジロック〉に出演し、翌年には大阪と東京で単独公演が実現する。身体を張ったエキサイティングなパフォーマンスに定評のある彼らだけあって、来日のたびに日本にも信者を増やしていくのだった。

 そして2017年3月、文頭でも少し触れた通り2人はグラミー賞の3部門にノミネートされ、〈最優秀ポップ・パフォーマンス〉部門を受賞。かつて夢を語り合っていた時に、「もしグラミーの授賞式に招かれたらブリーフ姿で行こう」と冗談で話していたという彼らは、それを実行に移す。服装こそ笑いを誘ったが、タイラーのスピーチは実に感動的だった──「どんな場所の出身でも、どんな人間でも、君たちは何だって実現できるんだよ。これはその証なんだ」と。

 どんなに大きな成功を収めようと、タイラーもジョシュもまったくスターを気取らない。いまなおオハイオで暮らしているし、前作からの“Heavydirty Soul”のMVもあえて地元で撮影。そんな彼らが夢を実現し続ける姿は、世界中のキッズの憧れになっている。若者たちが共感せずにはいられないリアルな歌詞や2人のカジュアルな人柄も、トゥエンティ・ワン・パイロッツの人気の秘訣なはずだ。そうそう、所属レーベルに相応しく(?)彼らはラーメンが大好物で、日本に訪れる際は必ずラーメンを食べるとのこと。その他に決まって行くのは、マクドナルドと吉野屋だとか。こんなエピソードからも2人の飾らなさが窺い知れるだろうか。

 大傑作と豪語したい『Blurryface』に続く3年ぶりのニュー・アルバムには、かねてから大きな期待が寄せられてきた。すでに“Jumpsuit”“Nico And The Niners”“Levitate”と3曲がアップされていて、動画再生数はどれも数千万回超え。『Trench』もまた新たな怪物作となり、世界を席巻するに違いない。次号では最新インタヴューをお届けできると思うので、それも合わせて楽しみにしていてほしい。

トゥエンティ・ワン・パイロッツの作品。

 

関連盤の紹介。

 

次ページTOPサウンドの周りに飛び交うあれこれを勝手にピックアップ!
関連アーティスト