2018.10.09

タイトルとは裏腹の淡々としたリズムに乗せて〈出会い〉と〈別れ〉の心境を一晩のフロアに重ね合わせ、最後にファズ・ギターがバーストする大曲“ミラーボール”に始まり、ポリリズムを交えたストレンジなファンク、スペイシーなインストと、どれも一癖ありながらしっかりとキャッチーな6曲を収めた新作。サイケがかった音像と井戸健人の歌心が光る“なつかしい気持ち”まで、インディー・ロック好きは愛さずにいられないはず。

関連アーティスト
pagetop