INTERVIEW

BILLIE IDLE®『NOT IDOL』 5人それぞれのポテンシャルを開放した、現体制で初のオリジナル・アルバムを語る!

BILLIE IDLE®『NOT IDOL』 5人それぞれのポテンシャルを開放した、現体制で初のオリジナル・アルバムを語る!

急転直下のストーリーをドラマティックに駆け上がってきた5人はもう次なるフェイズへ――改めて『NOT IDOL』を宣言したニュー・アルバムは各々の潜在能力を色鮮やかに証明する!

 〈大型新人〉のプー・ルイが加入、気持ちも新たに5人組として動きはじめたBILLIE IDLE®。諸々の経緯やグループの歴史は前回のインタヴュー(2018年7月号)をご覧いただくとして……7月の再録ベスト『BILLIed IDLE 2.0』から4か月、5人で初めてのオリジナル・アルバム『NOT IDOL』を早くも仕上げてきました。

BILLIE IDLE® NOT IDOL オツモレコード(2018)

 

自信になった

――〈2.0〉が出てからツアーやイヴェント出演が続きましたが、新体制で全国を回ってきていかがですか?

プー・ルイ「いままでいろんな形態で回ってきたんですけど、人生でいちばん楽しいツアーでした。いろんな意味で(笑)」

ファーストサマーウイカ「アハハハ」

モモセモモ「やったー」

ヒラノノゾミ「いろんな意味で(笑)?」

プー「まあ、いままで過酷なことしかしてこなかったから(笑)」

――平和で何よりです。各地で思い出などはできましたか?

プー「福岡が楽しかった。お客さんいっぱい来てくれたし、ノリが良かったです」

ウイカ「福岡にはトラウマがあって、バンド時代のプー・ルイも一緒に回った〈ANARCHY TOUR〉の時はたくさん人が来てくれたけど、その後の〈bi bi bi bi bi〉ツアーではもうガラガラだったんですよ(笑)。だから大好きな場所だけれども、ツアーから外れちゃったりすることもあったのが、今回5人になって久々に行ったら、同じ会場がもうギュウギュウに埋まってて。雪辱を晴らしつつ、楽しい思い出で塗り替えることができたんで良かったですね。あと、苦戦してた大阪も、すぐに良いラインまで行けるようになってきたんで」

――全体的にいい状況が実感できてると。

ウイカ「確実にそうですね。だから、次の〈NOT IDOL TOUR〉はちょっと大きく出て、8か所9公演で。今回はNIGO®さんの地元の群馬があったり、いつも最初にソールドする名古屋はキャパが大きくなってたり」

プー「攻めの姿勢です」

――あと、ツアー以降もいろんな場でパフォーマンスされてきましたね。

プー「9月が多かったです。登坂広臣さんのワンマンでフロントアクトをやらせてもらったり、長野の〈りんご音楽祭〉もあって」

ウイカ「長野はモモセ姉妹の凱旋だったから、各地からファンのみんなが集まってくれて。みんなの愛情も感じたよね?」

アキラ「ホントに感じました。もう想像以上にたくさんの方が来てくださってて。みんなリンゴを振ってくれたり、“時の旅人”の手を挙げるところでリンゴを挙げてくれてたりとかして、〈ああ、長野だな〉って」

モモセ「今度はワンマンでちゃんと帰ってこれればいいね」

ウイカ「そうだね。あと、登坂さんのはやっぱりBILLIE IDLE®史上最大キャパの会場(仙台セキスイハイムスーパーアリーナ)で、アウェイ中のアウェイというか、もはやアウェイですらないっていうか。でもそこに乗り込んできてくれたうちらのファンと登坂さんのファンの方に交流が生まれて、次の日のリリイベに一緒に来てくれたり、単純に〈BILLIE IDLE®知らなかったけど、気になって聴いてる〉とか〈CD買っちゃった〉みたいな感想もたくさん見ました。〈何じゃコイツら?〉って言われるのも覚悟してましたけど、〈曲いいね〉〈カッコ良かった〉、何なら〈可愛い〉って言ってくれる人もいる、みたいな(笑)」

ノゾミ「〈可愛い〉って言われ慣れてないから、むちゃくちゃ動揺しました(笑)」

ウイカ「BILLIE IDLE®って外れ者みたいなイメージだったけど、そういう場所で戦いに行っても良いと思ってくれる人がいるんだっていうのは自信になりましたね」

プー「うん、あんな大きい会場でやれたのは良い経験だったし、めっちゃ学べましたね。だってね、行くからね、あそこに」

ウイカ「そう、いつか自分らで立つからね」

 

こんなこともできるよ

――そうしてアルバムが完成しました。

プー「はい。私は〈IDOL担当〉として加入したのに、すぐ『NOT IDOL』って(笑)」

――いまアルバムがこの名前になったことをどう解釈されていますか?

ウイカ「BILLIE IDLE®が発足して、まだ何も決まってない時に唯一決まってたコンセプトが〈ネオ 80's〉と〈NOT IDOL〉だったんですよね。その原点回帰的なこともあるし、IDOL担当も入ってきたうえでの〈これがBILLIE IDLE®だぞ〉っていう指針表明みたいなものだと受け取ってます、私は」

――ちょっと決定的なタイトルというか。

ウイカ「そうですね。BILLIE IDLE®=NOT IDOLなんで、まあ『BILLIE IDLE®』というアルバムが出たのに近いイメージですね」

――歌詞のテーマもタイトルに沿ったものなんでしょうか?

プー「ではないです。自由に書きました」

ウイカ「『LAST ALBUM』ならラストっぽい感じで(笑)とか指定される時もあるんですけど、今回は丸投げ状態で(笑)。まあ、前まではアルバムごとのコントラストが強めで、その色に寄せて書くこともあったんですけど、今回は別に〈5人で行くぞー!〉みたいな感じでもないし」

――曲調の幅自体がテーマというか。

ウイカ「そう、歌が良いとか実力があるみたいに言ってもらえることが多いんで、今回は〈こんなこともできるよ〉っていうのを見せたいなって。〈おっ、ふざけてる?〉〈こういう感じもいっちゃう?〉みたいな曲がありつつ、王道っぽいのもあって、音楽を楽しむ余裕みたいなものがある気がします」

――今回もKEVIN MARKS(サウンド・プロデューサー)さんが作曲、メンバー作詞は変わらずですね。冒頭の“Run³”と次の“エブリデイズ”はウイカさんの作詞で。

ウイカ「私がたぶん全体的にロック枠を担った感じですね。“Run³”はBILLIEらしい疾走感のあるパンク調で、歌詞はグループ魂さんみたいな、私なりのコミック・ソングというか、物語性のあるふざけた詞にしました。頭の中でいろいろ想像してるけど、実際は何も声に出せなくて見てるだけっていう、オタクの気持ちに繋がるような(笑)」

――最初は素直に〈ピュアだな~〉とか思って聴いてたんですけど(笑)。

ウイカ「あ、嬉しい。そういうピュアな人を小馬鹿にしてる大人が書いたんですよ(笑)。まあ、若い子たちには淡い気持ちを重ねてもらえればいいなと。アルペジオから始まって、プー・ルイのバラードみたいな歌い出しから入って、そこからジャジャジャジャンって走り出すんで、引き込まれてほしい1曲目っていう感じですね」

――続く“エブリデイズ”はリード曲です。

ウイカ「このぐらいのテンポのリード曲は初めてですね、だいたい速めの曲が多かったんで。これは1回聴いてすぐサビを覚えたくらいキャッチーな曲で、BILLIE IDLE®は〈売れたい〉とかあんまり声を大にしてこなかったですけど、この曲がそう言ってくれてるような気がしてますね(笑)。あと、冒頭のハープは私が吹いてます」

プー「酸欠になりながら」

ウイカ「ライヴではちょいちょい吹いてたんですけど、録音となるとやっぱ緊張しました。全然上手くないのに〈今回はウイぽんに吹いてもらう〉って言われたんで、がんばって吹いて、がんばってKEVINが編集してくれました(笑)」

――これは曲調が新しいっていうよりは、5人のバランスが新しい感じがします。

ウイカ「あっ、そうかもしれない。5人のパワー・バランスみたいなのがいちばん良く取れてて、手を取り合うような感じ。みんなで口ずさめるといいなと思って、聴いた人が力をもらえるような歌詞を書きました」

アキラ「この歌詞に凄いウルッときたんです。キツく言ってるように見えて、実は優しさがあって凄く素敵だなと思いました。〈きっとやればできる!〉みたいな感じじゃなくて、〈甘えてちゃ何も始まらないよ〉っていうところに凄く勇気をもらいます」

――そんなアキラさん作詞の“DOKI²”も前向きな逞しさがあります。

アキラ「はい、“DOKI²”は自分自身のことを書いたわけじゃないんですけど、物事を複雑にして考えちゃうところがあるんですよ。でも、単純明快に自分の物差しで考えるのがいいんじゃないかなって思って。人って十人十色だから満場一致とかないし、自分はそのまま自分でいいんじゃない?っていう感じの歌詞を書きました」

プー「〈生きてる事が 幸せ過ぎて〉って歌詞も凄いよね。イントロからワ~ッて感じで、この曲好きです」

 

遊べる要素が増えた

――はい。ここで雰囲気が変わって、“シンデレラ アンセム”はユーロビートです。

プー「〈フッフ~〉とかサビの掛け声もバカバカしいし、いきなり〈ポー〉ですからね。KEVINも〈僕がやってみる〉ってノリノリで」

ウイカ「本場の〈ポー〉が出たね。チャラい系は初ですね」

――作詞はプー・ルイさんです。

プー「私が書くと〈自分!〉みたいになるんで、こういうのは珍しいと思います。荻野目洋子さんの“ダンシング・ヒーロー”が浮かんだんで、ダンスな曲だなと思って。最初はクラブに行く女の子を書こうと思ったんですけど、行ったことねえからわかんねえと思って、シンデレラの舞踏会にして恋心を女らしく書きました。でも、ウザい私らしさは出てるかなって」

――〈12時を超えた 今も 夢は醒めない〉ってのが、前の活動は終わってもまだ終わりじゃないよ、ってことかなと思ったりしてしまいました。

プー「おお、深読みだ。恋じゃなく捉えると、そうか」

アキラ「鳥肌立ちました」

プー「それそれ、実はそうなんです(笑)」

ウイカ「それは人が言うほうがカッコイイやつだから(笑)」

――で、モモセさん作詞の“単調なエレジー”で怪しい雰囲気になって。

モモセ「何かチャイナっぽい雰囲気というか異国のイメージで書いたんですけど、自分のエッセンス的なものも入って、めっちゃ暗い内容になりました。いまプー・ルイさんが入ってめちゃくちゃ上向きな流れありますけど、4年やっててそれだけじゃないよね、みたいな。ダークサイド入っちゃったかな?って(笑)」

プー「〈勝った先 負けた未来 どちらにせよ地獄に変わらないね〉ってモモセっぽいなと思った。モモセって目立つのに目立ちたくないっていうタイプだし、〈売れたい!〉みたいな人ではないんですよ。勝ち負けよりちゃんと歌を歌うこととかに重きを置いてるから、このワードはモモセだなって」

モモセ「ああ、確かにそうかも。ただ、自分が出てるけど、パラレル・ワールドなので。私の書く歌詞は暗いのもあったりして心配されがちなんで(笑)」

ウイカ「弱音吐くテンションで愚痴をつらつら言っているように聴こえて、言葉数の多さがある種、心地良いです。リズムがちょっと後ろで、言葉が前に行くんですよ。感情が抑えきれなくて言葉が先に出ちゃうみたいで、いいなと思いますね」

――ダブっぽいノリがあって。

ノゾミ「そうですね。この曲いちばん好きです、歌詞も含め」

――で、一転してヒラノさん作詞の“under the sun”はメタルです。

ノゾミ「メタルだしどうしようと思って、あの、田舎から出て来た人間なんで、私の東京への気持ちというか、〈ここじゃ終われない!〉みたいなことを歌ってます」

ウイカ「“be-bop tu-tu”も“どうせ消えてしまう命なら...”もそうだし、のんちゃん、4年間ずっとそれを書いてる」

プー「いや、もっと前からだね。都会に対する自分みたいな」

モモセ「バレちゃった(笑)」

ウイカ「それで何曲も生まれるってことが、もうその感情の根深さを物語るよね」

ノゾミ「確かにずっと変わってない(笑)。たぶん、東京で生まれ育たなかったことへのコンプレックスとかがあるんだろうね」

――高いビルをずっと睨んでる感じ。

ノゾミ「そういう感じです(笑)」

ウイカ「“under the sun”で、ずっと太陽の下だから、太陽ではないんだよ」

プー「誰かの太陽だよ(笑)」

――こういう重たい音で這い上がる感じは前作で聖飢魔IIの“FIRE AFTER FIRE”をカヴァーされてた成果ですね。

ノゾミ「どうしても聖飢魔IIさんを連想しちゃって、歌詞にも〈地獄〉っていうワードが」

プー「このアルバム、地獄が多いね」

ノゾミ「ね、モモちゃんも地獄(笑)」

プー「あと、のんちゃんがレコーディングで新しい歌い方をやってて、ちょっと舌っ足らずみたいな歌い方したり、めっちゃおもしろかったよね(笑)」

ノゾミ「レコーディング中に向こう側でみんなが笑ってるのが不思議で(笑)」

ウイカ「のんちゃんはフワフワした歌い方なんですけど、クセを出すことによってロックっぽい低音が出てたりね、他の曲も聴いてて〈これ誰だろう?〉って思うパートがあるかと思いますね」

プー「“シンデレラ アンセム”のモモセとアキラもそうだよね」

ウイカ「遊びというか、さっき言ったアルバム全体の余裕ってそういうことかなと」

モモセ「プー・ルイさんの声が入ったのも大きいと思います。遊べる要素が増えて」

ウイカ「うん。モモセもプー・ルイも歌えるのはもうわかったから、そこからどう魅せていくかみたいな感じで、5人の揃ったピースがそれぞれクセを出していくことで、新しいものが生まれるんじゃないかって」

 

喜怒哀楽が全部入ってる

――からの、“バイバイ ロンリネス”もプー・ルイさん作詞です。これは言わずもがなの内容というか。

プー「そうですね。これは後から気付いたんですけど、ひとりじゃなくなったんだなっていう内容になってました。書いてる時はそんなつもりなかったけど、レコーディングして全体見回した時に、さよならひとりぼっち、みたいな。BILLIE IDLE®に入って、ひとりじゃなくなっていく様子をサビで、〈今さら〉〈行かなきゃ...〉〈今なら〉って歌ってるなって」

――ひとりぼっちだったんですか(笑)?

プー「知らなかったですか(笑)? ひとりぼっちでしたねえ、長いこと。青春時代があんま明るくなかったから、みんなで一緒に何かをやることへの憧れがめっちゃ強いんですよ。でも、グループやると常に孤立してしまいがちで(笑)」

――孤独が運命というか。

プー「でもBILLIE IDLE®ではそうじゃないのが、歌詞に出たのかなっていう」

アキラ「そうなんですね……」

プー「何かアキラが感動してくれた(笑)。あの日、2014年に結んだものに囚われてた自分が、ちょっとずつ解放されてるのを表現しました。夢の鎖が全然ほどけなかったのが、少しずつ緩んでったみたいな」

――夢が呪縛になってたっていう。歌詞に引っ掛かるところはありますけど、これはプー・ルイさんを追ってこられてる方なら聴けばわかるものですし。

プー「そうそう、そういうことです。知らない人はまっさらな気持ちで聴いて、感じてもらえれば」

――はい。そして最後に“MESSAGE”。

ウイカ「もう喜怒哀楽が全部入ってるアルバムなんで、お口直しというか、最後は元気に(笑)。私の中ではBOOWYさんっぽい感じで書きました。そしたらプー・ルイも布袋さんっぽい歌い方してくれたんで」

プー「エアギター弾きながら歌いました」

ウイカ「私はちょっと氷室さんっぽい感じで攻めようかなって思いながら、いきなり〈マリオネット〉って歌っちゃって(笑)。ライヴでも盛り上がりたい曲です」

アキラ「〈zock-on!〉とか〈knock-on!〉とかみんなで言いたくなっちゃう」

プー「ちょっとダサイ感じが良いですよね」

ウイカ「そう、聴いた時にアニソンっぽいなと思って、日本全国の中2を奮い立たせたいなって(笑)」

――最後にこの“MESSAGE”がきて終わると気持ちいいというか、良いシメですね。

ウイカ「“バイバイ ロンリネス”で終わると〈ああ、プー・ルイ……〉みたいな感じになるんで、最後にジャジャジャジャって入っるのは良いですよね」

――はい。あと、今回は5人お披露目の時のライヴDVDも付いてきて。

モモセ「そう、けっこう大事な話です」

ウイカ「これが初めての公式のライヴ映像なんです。〈BILLIEはライヴがホントにカッコ良くて〉ってお客さんも自分たちも声揃えて言ってたんですけど、地方の方とかにそれを観てもらう術がないみたいな状態だったので、ホント待望で。6月6日のプー・ルイのお披露目の時の映像が5曲収録されてます」

プー「いま観ると恥ずかしいやつです」

ウイカ「もうちょっとできたぞ、って(笑)」

プー「髪もヤベエからな、久しぶりで」

ウイカ「まあ、この状態からこうなったんだなって感じてもらえるといいよね。マイナビBLITZ赤坂ってデカイところの映像なんで、それを観て高めてもらって、またツアーの各地とか、ファイナルの大きいところに来てくれたりすると嬉しいです」

――はい、そういうわけで11月から〈NOT IDOL TOUR〉が始まります。

ウイカ「セットリストはNIGO®さんが早い段階でピックアップしていて、新曲はもちろん過去の曲も織り交ぜているので、今回の『NOT IDOL』と、ベスト盤以外の過去のアルバムも聴き返してもらって、〈ここにプー・ルイが入るんだ〉って妄想をしながら来てもらえれば。もう何か所かソールドしてるんですけど、集大成のファイナルは渋谷に新しく出来たストリームホールでやるので、また一風変わったものをお見せできるんじゃないかなって思います」

プー「クリスマスイヴだし、カップルの人たちも来てほしいよね。17時スタートだから、BILLIEの後もどこかに行けるし(笑)」

モモセ「ペアチケットもあるしね」

アキラ「クリスマスを誰かと過ごせるなんて、幸せなことなんですよ(笑)」

ウイカ「いま良い形で注目していただけているので、この勢いでストリームホールは埋めて、来年以降もどんどんどんどん行きたいですね」

BILLIE IDLE®の近作。

関連アーティスト