INTERVIEW

dps 『タイムライン』 音楽の本質やルーツを閉じ込めた奥行きのある作品に

dps 『タイムライン』 音楽の本質やルーツを閉じ込めた奥行きのある作品に

昨年バンド結成後、TOWER RECORDS関西3店舗限定リリースした3枚のEPが全作インディーズで1位を獲得。J-ROCKシーンの次世代の担い手との呼び声高い、木村涼介(ヴォーカル)、森丘直樹(ギター、コーラス)、安井剛志(ベース、コーラス)、川村篤史(ドラムス、コーラス)からなるdpsが遂にメジャーデビュー!

dps タイムライン GIZA(2018)

――“タイムライン”は、どんな所からメロディが浮かんできましたか?

川村「プロデューサーから吉田拓郎さんの魅力を教えて頂いた事があって、『LIVE‛73』というアルバムを頂いたんです。すごくかっこ良くて、そこから受けたインスピレーションを元に、Aメロは思ってる事を殴り歌うような感じで、そこに大きなサビを付けるイメージで作りました。フォーク時代のコード進行だったり、当時の時代感もうまく取り入れようと考えていく中で浮かんできたメロディになっています」

――森丘さんの超絶ギターを生かしたアレンジも完成度が高いですね。

森丘「dpsの特徴でもある骨太なロックに、僕が通ってきたハードロックやヘビメタのソロは合うと思っているのでそこはいつも意識していますが、この曲に関してはどちらかというとメロディーを優先したソロにしています。全体的には、言葉数が多いので最初は細かいドラムス等を入れてみたんですけど、キメだけとかアルペジオだけみたいな方が意外とハマっていったので、最終的にどっしりとシンプルなアレンジにしていきました。頭のリフで掴みはいけたかなと思っていて、そこから最後まで隙がなく、サビ頭は一度聴いただけで覚えられるインパクトのある曲になったのではと自負しています」

――安井さんの歌詞はどれも哲学的だったり文学の香りがします。“タイムライン”はメッセージ性の強い内容ですね。

安井「歩きスマフォをしている人にぶつかられて、〈人通り多い所で前を見ないで歩くのはダメやな〉と思って書いた歌詞になっています。リリースに関係なく並行して色々な曲を制作している中で、この曲は世界情勢にも触れたもっと社会派な内容の曲で進めていたんですけど、制作途中で「名探偵コナン」のオープニングに起用される事が決まったので、そこからアニメを観ている幅広い層の方に共感してもらいやすい歌詞に書き換えました。〈君との距離はこんなに近いのに時間が僕とすれ違ってる〉等はコナンの物語性を意識したフレーズになっています」

――ヴォーカル・レコーディングはいかがでしたか?

木村「最初はサビまで噛まないように必死でしたけど、ラッパー風に手を動かしたら上手くいきました(笑)。バックの演奏がガツンと来てる所はいくら高音でもファルセットじゃなく地声を張ってパワフルに歌い上げていく等、いかにサウンドに合ったかっこいい声で表現できるかを重視しました」

――では率直にこの曲の一番の魅力は?

木村「歌詞のメッセージ性と、疾走感あるdpsらしいサウンド、そこに音楽の本質やルーツを閉じ込めた奥行きのある作品になっていると思います!」

関連アーティスト
dps