INTERVIEW

ポップ・エトセトラはくるり“ばらの花”をなぜカヴァーした? 盟友・BBHF尾崎雄貴と語る、日本が僕らに与えた影響

ポップ・エトセトラ『ハーフ』

ポップ・エトセトラはくるり“ばらの花”をなぜカヴァーした? 盟友・BBHF尾崎雄貴と語る、日本が僕らに与えた影響

言語やカルチャーの違いを超えて、音楽を通じてコミュニケートする――常日頃から巷ではそんな言葉が軽々しく使われているが、元Galileo Galilei、現Bird Bear Hare and Fish(以下BBHF)の尾崎雄貴と、米西海岸出身のバンド、ポップ・エトセトラ(POP ETC)のフロントマンであるクリストファー・チュウは、その本当の意味を知る、固い絆で結ばれたミュージシャンたちだ。

尾崎のたっての希望で、Galileo Galileiのサード・アルバム『ALARMS』(2013年)のプロダクションにクリスが携わったのは、いまから5年前のこと。以来、2014年発表のEP『See More Glass』にも彼が関わり、翌年のGalileo Galileiのツアーにポップ・エトセトラが同行するなどして、両者はコラボを重ねていく。そして今年は、BBHFのデビュー・アルバム『Moon Boots』をクリスが共同プロデュースする一方で、日本限定でリリースされたポップ・エトセトラの最新作『ハーフ』に尾崎が参加。海外配信されてきた楽曲や日本独自の書下ろし曲、さらにくるりやYEN TOWN BANDのカヴァーなどを収めた『ハーフ』において、尾崎は“We’ll Be OK”をクリスと共作し、あらためて音楽的対話を深めている。そんな2人が先頃、ポップ・エトセトラの来日を機に東京で再会。出会いに遡って共に過ごしてきた時間を振り返りつつ、これからの計画も聞かせてくれた。

POP ETC ハーフ ソニー(2018)

 

クリスは作り手の心にある〈答え〉を引き出してくれる

――2人が初めて対面したときはどんなシチュエーションだったんですか?

尾崎雄貴(Bird Bear Hare and Fish)「わりと真面目な感じでしたね。会議室みたいな部屋で会って、ずらっと椅子が並んでいて、片側にクリスの関係者、反対側に僕らが座っていて。その前に僕らはポップ・エトセトラのライヴを観ていて、やっぱりいいなあと思い、アルバムをプロデュースしてほしいという話をしたんですよ。でも最初の打ち合わせはすごく距離を感じて、正直言って〈これじゃダメだな〉と思った(笑)。

ただ、最終的には〈プロデュースしてもいいかも〉という話で終わって、その後メールをやりとりしたんですけど、とにかく熱き想いをぶつけなければと思っていた僕は、すごく前のめりでしたね。〈日本と海外の音楽の違いを埋めたい!〉とか訴えて。そんな僕にクリスは、〈一回スタジオに入って音を出してみようよ。そこで初めていろいろわかるから〉と言ってくれました。実際その通りで、音楽的な共通言語が出てきて、すごくミュージシャンらしい形で距離を縮められたと思います」

クリストファー・チュウ(ポップ・エトセトラ)「ユウキはいつも、初めて会ったときにどれだけぎこちなかったかっていう話をするんだけど、ただでさえ初対面で緊張しているのに堅苦しいミーティングみたいな感じで、誰だって自然に会話できなかったと思うよ。その後Galileo Galileiがどんなバンドで、どんな人たちなのかわかってくると、僕も距離を縮められた気がして、かなり早い段階でポテンシャルを感じた。それに、たびたび日本を訪れているうちに僕が日本語を少しずつ覚えたことも助けになったしね。多くの時間を一緒に過ごして音楽的に理解し合っている僕らは、チームメイトとしてすごく自然な関係を維持しているよ」

――プロデューサーとしてのクリスのスタイルはどんな感じなんでしょう?

尾崎「基本的にはアドバイスをくれるというより、僕らが思っていることの大事な部分を彼が導いてくれるような会話を、たくさんしてくれている気がします。〈こうするべきだ〉みたいなことを言われた覚えがなくて。〈どうしたいの?〉っていうことを的確に引き出してくれる感じですね。〈答えはお前の中にあるのじゃ〉みたいなことが多いんですよ(笑)」

クリス「そう思ってくれて嬉しいよ(笑)。音楽を作るときは、自分の中から自然に湧き出るものを表現できるリラックスした環境に身を置くべきだし、プレッシャーに負けて自分を抑制してはいけないと思うんだ」

クリスがプロデュースしたGalileo Galileiの『ALARMS』収録曲“サークルゲーム”
 

――『ALARMS』のあとも幾度かコラボがありましたが、BBHFの『Moon Boots』ではふたたびクリスが共同プロデューサーを務めて、じっくり一緒に音楽を作る機会が巡ってきました。メンバーは重複していますが、Galileo Galileiとは違うバンドを相手にしているという意識はありましたか?

クリス「うん。会議室で堅苦しいミーティングをする必要はなかったけど(笑)、やっぱり違うバンドで……同じなんだけど違う、としか言いようがないな。とはいえ、以前からメンバーを知っているだけに彼らの成長を実感したし、共同プロデューサーとしての僕の立ち位置も変わった。『ALARMS』のときは、〈僕に新しい道を指し示してほしいんだな〉と感じたけど、BBHFでは各メンバーのパーソナリティーが強く現れていて、それを最高の形で提示する方法を探す感じだったね」

尾崎「BBHFは、僕のソロ・プロジェクトであるwarbearとほぼ同時に進行していたんですが、warbearは自分でプロデュースをしたので、こっちはクリスとやりたいと思っていたんです。彼と組むことで、これまでに何度もステップアップできたから。クリスとの経験を自分たち自身で消化する時間があってこそ、もう一回やれると思っていたんだけど、いまならクリスと一緒にまた新しい境地に行けるという予感があったんですよね。それに、彼と音楽を作るのはすごく楽しい。北海道の芸森スタジオという場所に約2週間泊まり込んでレコーディングして、楽しい思い出ばかり残っています。作業が終わったら呑んで、翌日は二日酔いでまた作業をして(笑)」

クリス「うん、本当に楽しかった。僕はこう、自分たちを隔離して作業をするのが好きなんだけど、そもそも周りにはどこにも行ける場所がないし、まだ雪が残っていて結構寒かったし、閉じ籠るしかなかった(笑)。寝食を共にしながら作ったアルバムだから、あらゆる意味でのコラボレーションであり、何もかもみんなで分かち合ったんだ。それって、音楽を作るうえで最高のやり方なんじゃないかな」

尾崎「クリスはレコーディング中でも散歩に行ったりするタイプだから、つまんないかなと思って少し心配していたんです。でも美味しいごはんが出るスタジオなので、それが良かった(笑)」

Bird Bear Hare and Fishの『Moon Boots』収録曲“ライカ”

 

特定のスタイルや時代に属していない共作曲“We'll Be OK”

――そしてさらに、ポップ・エトセトラが10月にリリースした『ハーフ』には、2人の共作曲“We’ll Be OK”が収録されています。北海道でのレコーディングの流れで生まれた曲なんですか?

クリス「そういうことをやりたいっていう話はしたけど、本格的に作りはじめたのは、『Moon Boots』が完成してからだね。ユウキが作ったAメロのアイデアを出発点に、2人で膨らませたんだ」

尾崎「あくまでポップ・エトセトラのアルバムに収録される曲だってことを、僕はすごく意識しました。クリスの音楽は全曲知っているっていうくらい聴いているし、僕が書きたいものを書くのではなく、クリスが〈いいね〉って感じてくれそうなものを作ろうとした。〈これならバックトラックを付けやすいんじゃないかな〉と思えるメロディーを考えたような面もあって」

クリス「当初ユウキが〈70年代のLAっぽい曲にしたい〉と提案して、いくつかアイデアを考えたんだけど、結果的には全然違うものになった(笑)。正直言ってどんな曲が生まれるのか見えていなかったんだ。まさにそこが素晴らしいと思う。やりたいことが明確だった『ALARMS』のときとは違って、よくわかっていなかったからこそ、特定のスタイルや時代に属していない曲が誕生したんじゃないかな。僕は随分長い間音楽を作っているけど、こんなふうにユニークなものが生まれて驚かされることは滅多にないから、本当に嬉しかったよ」

尾崎「僕が〈LAっぽい曲〉を提案したのは、『ハーフ』(のほかの楽曲)から暖かい日差しみたいなものを感じていたからなんですよね。でも、僕ら自身の中にそういう感覚がなかったんだと思う。寒い場所で育つと、冷たい音になっていくもので、出来上がった曲は全然ホットな感じがしない(笑)。でも、僕も想定外の曲になったところがおもしろいと思っています」

――ちなみに、日本限定のアルバムとして『ハーフ』を制作した理由のひとつは、シングルが重視されているアメリカと違って、日本のリスナーはいまもアルバムへの愛着が強いことにあるそうですが、尾崎さんもそういう印象を持っていますか?

尾崎「そうですね。僕らも〈アルバムが好きだ〉という話をクリスにいつもしているし、シングルは嫌いだと言っちゃったりしたから、余計にそういうイメージが強まったんじゃないかな(笑)」

クリス「アメリカではインターネット経由で音楽がタダでも手に入ると知った途端、みんな盗みはじめたんだよね。とにかく悪人だらけなんだ(笑)。それなのに日本人は、タダで手に入ると知っていながらも盗まない。いまもアルバムを大切にして、買ってくれていて、本当に素晴らしいことだと思うよ」

尾崎「『Moon Boots』のレコーディング中、お酒を呑みながらまさにその話をしていたんですよ。こういう流れにミュージシャンは抗うのか、抗わないのか、抗うとしたら、それだけのエネルギーを割く必要はあるのか……と。今後日本もアメリカを追いかける形でそうなっていくと思うし、だからこそポップ・エトセトラが『ハーフ』をリリースしてくれて嬉しい。僕はやっぱりアルバムを聴きたいから、アルバムを出し続けて欲しいな。僕らも出し続けたいし」

ポップ・エトセトラの『ハーフ』収録曲“Broken Record”

 

“ばらの花”なのに、あのイントロがない!

――クリスは今回、歌詞を独自に英訳して日本人アーティスト、くるりとYEN TOWN BANDの曲をカヴァーしています。尾崎さんはGalileo Galilei時代に、1975やフェニックス、スミスなどの楽曲で逆の試みをしていましたよね。

尾崎「そうですね。あれも『ALARMS』をクリスと作った影響から始めたんです。英語でカヴァーをしても、僕自身が英語を喋れないし、なおかつ歌うなんてすごく難しい。歌詞を翻訳して理解したうえで歌うことで、アーティストの気持ちがわかったりするから、僕にとっては自分がリスペクトする人たちに近付く方法なんですよ。クリスも同じような理由でカヴァーしているんだろうけど」

クリス「ただ、アプローチが違うよね。Galileo Galileiによる日本語での洋楽カヴァーを初めて耳にしたとき、サウンドが原曲にかぎりなく近いことにびっくりした。同じサウンドを鳴らすために、技術的な面でかなり試行錯誤をしたんだろうってことがわかったよ。その点僕らの場合は、日本語の歌詞を理解しきれていないからなのかもしれないけど、原曲にアーティスティックな解釈を加えるようなアプローチだね。

例えば、くるりの“ばらの花”をカヴァーするにあたって、原曲にあったイントロをばっさりカットしたんだけど、ユウキに〈あのイントロが有名なのに!〉って指摘されたよ(笑)。そういう事情を知らなくて、僕らなりに曲から感じたムードみたいなものを表現してみたんだ」

尾崎「あれは本当におもしろかった。〈イントロがない!〉って(笑)。(くるりの)岸田繁さんに聴かせたいな」

岸田繁が実際に聴いたようで、上記の感想をTweetしている
 

――そもそも“ばらの花”は、Galileo Galileiのメンバーがクリスのために作ったミックステープに入っていたそうですね。

尾崎「『ALARMS』を作ったとき、〈みんなが聴いている音楽を教えて〉とクリスに言われたんです。その1曲が“ばらの花”で、ほかにキリンジとかも入っていたんじゃないかな」

クリス「あと、スーパーカーもね」

尾崎「どれも中高生の頃にハマっていたアーティストなんです。僕らの音楽的なルーツだから知ってもらいたかったんですけど、いまになってカヴァーしてくれるとは思ってなかった!」

 

流暢でなくとも自分なりの言葉で伝えたほうが魅力的

――『ハーフ』にはクリスが初めて日本語で書いた曲“思い出していた(FIRST TRY)”も収められていますが、かなり苦労しましたか?

クリス「いちばん難しかったのは歌の部分だね。これまでに日本人アーティストと何度も仕事をしてきて、たくさん日本語の歌を聴いているから、実際にこうして挑戦する前から〈こんな感じの曲を作ってみたい〉というイメージが先に出来上がっていたんだ。だからわりとすんなり書き上がったけど、いざ歌うとなると、頭の中では完璧な発音が聴こえているのに、ぜんぜん違うものになる(笑)。そう言えば、歌詞を読んでもらいたくてユウキに送ったのに、返事をくれなかったよね?」

尾崎「何を言っていいのか分からなくて(笑)。でも僕はあの感じがいいと思った。だってクリスがいきなりジェロみたいに歌いはじめたら、イヤじゃないですか。流暢過ぎるとほかの人間の存在を感じちゃう。クリスがクリスの日本語で歌うことが素敵だと思うし、僕はそれを聴きたいから」

クリス「ずっと前にもそんな話をしてくれたよね。SNSに少し複雑な日本語の文章を書きたいときに、友達に訳を頼んだりしていたんだけど、〈自分なりの日本語で書けばいい〉って勧めてくれた。そのほうが意味があって、僕らしさが表れるからって。あのアドバイスはありがたかったよ」

――2人で本格的なコラボ・アルバムを作ろうという話はないんですか?

クリス「そういう話もしているよね」

尾崎「僕とBBHFのドラマーの和樹は兄弟で、ポップ・エトセトラにもクリスとジョンの兄弟メンバーがいるので、4人で〈Brothers〉っていうバンドをやりたいねって、実はちょくちょく話しているんですよ(笑)」

クリス「カッコイイトオモウヨ(笑)! 日本語の曲と英語の曲で2枚組にすればいいし、お互いに普段は作らないような音楽をやってみたいよね」

尾崎「うん。とにかく、すごく説明するのが難しいアルバムになりそうな気がします(笑)」

関連アーティスト