2018.11.13

新世代のジャズ・アーティストがロンドンから続々と出てきていますが、こちらのマルチ奏者、レイファー・ジェイムズもその一人。静謐な音作りはクールな質感と程良い緊張感を伴っていて、まるでECMの作品を聴いているかのよう。そのあたりは同世代の中でも毛色の違ったところだろう。エレクトロニックな音使いやエフェクト処理はクラブ・ミュージックを通過していることを窺わせ、ヴォーカルを配した曲も興味深い。

関連アーティスト
pagetop