2018.11.13

ブラック・ミュージック色がいつもよりディープだった前作を経て、より親しみやすいソウルを聴かせる7作目。おかもとえみ(フレンズ)の歌う“change”もキャッチーなポップスだし、NONA REEVESの西寺郷太を迎えた“SO FAIR”も小難しさを感じさせないファンキーでアガれるナンバーになっている。弾むホーンやカラフルな鍵盤が効いていて、リッチでハッピー。“last soul”のスキャットにもうっとりしました。

 

40周年プレイリスト
pagetop