2018.11.15

現行ジャーマン・シーンを牽引するオストグート・トンからフレンチ・クリエイターの3年ぶりとなる通算6作目。コンスタントにリリースを続ける現場仕様の即戦力シングルの時とアルバムの時では微妙に作風を変えてくるのが特徴で、緊張感の張り詰めたオープニング・トラック“Something Invisible”、ヴォイス・サンプルが効果的なミッド・チューン“Accelerate”を交えたリスニング・テクノを展開している。

関連アーティスト
pagetop