2018.11.26

勢いに乗る〈リョクシャカ〉がメジャー移籍を経て新作を発表。構築的なバンド・アンサンブルにダンス・ミュージックのテクスチャーを加え、躍動感たっぷりに仕上げた“あのころ見た光”は、新たな代表曲になるであろう手応え十分。アコースティックと電子音の融合を推し進めたサウンドメイクはさらに洗練されつつ、長屋晴子の芯のある歌声を軸に、あくまで大衆的なポップをめざす。その姿勢にブレはなさそうだ。

 

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop