COLUMN

過去作のディスコグラフィーから紐解く〈ヒプノシスマイク〉の世界観と音楽的な背景

ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-

過去作のディスコグラフィーから紐解く〈ヒプノシスマイク〉の世界観と音楽的な背景

イケブクロ・ディビジョン Buster Bros!!!

 イケブクロ・ディビジョン代表のBuster Bros!!!は、その名の通りMC.B.Bこと山田一郎(CV:木村昴)、MC.M.Bこと山田二郎(CV:石谷春貴)、MC.L.Bこと山田三郎(CV:天﨑滉平)の山田三兄弟から成る血の絆で結ばれたグループ。特にリーダーで長男の一郎は〈元不良の熱血漢で何でも屋〉という主人公的な設定の持ち主で、なおかつ担当声優の木村昴は以前から生粋のヒップホップ好きとして知られていたこともあって(2016年にはフリスクのCMでKEN THE 390らと共にガチンコのラップを披露)、4つのディビジョンのなかではもっとも王道らしいラップ・スタイルを有するのがイケブクロの特徴です。

イケブクロ・ディビジョン Buster Bros!!! Buster Bros!!! Generation EVIL LINE(2017)

 その持ち味が一番出ているのが、本シングルに収録された一郎のソロ曲“俺が一郎”。あまりにも直球すぎるタイトルからも彼の硬派ぶりが伝わりますが、月蝕會議が手掛けた重厚なトラックと男臭いラップの絡みには、AK-69“Flying B”あたりに通じるエモーショナルな熱さが。リリックの内容もいわゆるセルフ・ボースト系で、実はアニメ好きのオタクという設定に合わせてか、なかには某作品を想起させるようなトピックを織り交ぜるという巧みさも。しかも作詞したのは木村(好良瓶太郎というペンネームを使用)だというから驚きです。

 兄の影響で不良になったというやんちゃキャラの高校生・二郎は、ゴリゴリのミクスチャー・ロック“センセンフコク”でドスの効いたラップを展開。こちらも月蝕會議が作詞/作曲を担っていて、GEEKSのエンドウ.やTRUSTRICKのBillyらバンド畑の人材が揃うクリエイター集団らしい威勢のいいサウンドで、二郎のやたらと〈宣戦布告〉する喧嘩っ早い一面を上手く引き出しています。

 直情系の長男や次男と違って、何でもそつなくこなす天才肌の中学生・三郎は、楽曲面でも一風変わった作風のものを担当。□□□の三浦康嗣が提供した彼のソロ曲“New star”はバッハ〈G線上のアリア〉をベタ敷きしつつ、細かく刻んだTR-808のスネアとハイハットに歌ともラップともつかないフワフワしたフロウが乗るアヴァンギャルドな作りに。みずからを〈一番星の輝き〉に例える自信家ぶりも彼らしい、浮世離れした一曲に仕上がっています。

右から、AK-69の2016年作『DAWN』(ユニバーサル)、GEEKSの2016年作『GEEKEST』(OVERLAP)、TRUSTRICKの2016年作『TRICK』(コロムビア)

 


ヨコハマ・ディビジョン MAD TRIGGER CREW

 横浜産のヒップホップと言えば、DS455やOZROSAURUSらのお膝元ということもあっていわゆるウェッサイ・スタイルのイメージが強いですが、ヨコハマ・ディビジョン代表のMAD TRIGGER CREWは、まさにその路線を地で行くグループと言えるでしょう。メンバーはMr.Hc(ミスターハードコア)こと碧棺左馬刻(CV:浅沼晋太郎)、45 Rabbitこと入間銃兎(CV:駒田航)、Crazy Mこと毒島メイソン理鶯(CV:神尾晋一郎)の3人で、職業は順番にヤクザ、汚職警官、元海軍の軍人というヴァイオレンスな面々が揃っています。

ヨコハマ・ディビジョン MAD TRIGGER CREW BAYSIDE M.T.C EVIL LINE(2017)

 そのリーダーを務める左馬刻のソロ曲“G anthem of Y-CITY”は、パトカーのサイレン音がけたたましく鳴るなか強面なフロウで威嚇しまくるNWAばりのギャングスタ・ラップ。時に某ヤクザ映画のテーマ曲のようなノリも見せつつ、乾いたワウ・ギターに乗せて壮絶なストリート・ライフを語る様はまさにハードコアです。2パックからK DUB SHINEまでを繋ぐ定番のライン〈KILL KILL KILL〉〈MURDER MURDER MURDER〉も挿入した技アリのリリックは横浜出身のサイプレス上野が担当。

 そしてホーンの勇壮なフレーズで幕を開ける銃兎のソロ曲“ベイサイド・スモーキングブルース”は、HOME MADE 家族のKUROとBUZZER BEATSのCHIVAがそれぞれ詞と曲を提供。ピアノをメインにした静かに燃え上がるようなトラックに乗せ、ワルどもを向こうに回して気炎を吐くヴァース部分と、スムースな歌声を聴かせるフック部分の対比が、犯罪と隣り合わせの生活のなかでふと見せる哀愁の表情を匂わせるような、味わい深い一曲です。

 海軍ラッパ風の音から一転、銃声を合図に往時のドクター・ドレーを思わせるピーヒャラ・シンセのGファンクへと雪崩込む理鶯のソロ曲“What's My Name?”は、“G anthem of Y-CITY”も手掛けたALI-KICKがトラックを制作。解体された軍の復活を信じて山奥で生活を行っていたという彼らしい、サバイヴ力溢れる不敵で逞しいライムを書いたのはラッパーのUZIで、何事にも動じない安定感を感じさせるどっしりとした低音ヴォイスもクール!

左から、NWAの88年作『Straight Outta Compton』(Ruthless)、11月28日にリリースされるサイプレス上野とロベルト吉野のニュー・アルバム『ドリーム銀座』(EVIL LINE)、HOME MADE 家族のベスト盤『LAST FOREVER BEST ~未来へとつなぐ FAMILY SELECTION~』(キューン)

 


シンジュク・ディビジョン 麻天狼

 ミステリアスな天才医師のill-DOCこと神宮寺寂雷(CV:速水奨)、女性恐怖症だがスーツを着ると女好きに豹変するホストのGIGOLOこと伊弉冉一二三(CV:木島隆一)、一介のサラリーマンながら極度にネガティヴな性格ゆえの闇を抱えるDOPPOこと観音坂独歩(CV:伊東健人)という、曲者揃いのメンバーで結成されたのがシンジュク・ディビジョン代表の麻天狼。明暗のコントラストが鮮明な3つのソロ曲で〈新宿〉という街の光と影を表現したのが、本シングルと言えるかもしれません。

シンジュク・ディビジョン 麻天狼 麻天狼 -音韻臨床- EVIL LINE(2017)

 まず寂雷が艶やかなバリトン・ヴォイスで淡々と語る“迷宮壁”は、劇伴作家としても幅広く活躍する横山克のパイプオルガンやストリングスをあしらったゴシック調のトラックが、ある種の宗教的な荘厳さを醸し出す異色のナンバー。GADOROが手掛けたリリックも〈生と死〉〈生きることの意味〉といった哲学的な思索を巡らすもので、何者かの死が楔となって心に残っている過去を匂わす、物語の背景を深読みしたくなるようなワードも多数散りばめられています。

 その迷宮的な世界観とは打って変わり、月蝕會議が手掛けた4つ打ちのキラキラしたエレクトロ・トラック上で浮ついたジゴロ・ライフを謳歌するのが、一二三による歌舞伎町系パーティー・チューン“シャンパンゴールド”。キザさが板についたラップには程良いチャラさも加えられていて、曲中ではシャンパン・コールまでもが始まってしまう始末。それもそのはず、作詞を担当したのはなんとオリエンタルラジオ&RADIO FISHの藤森慎吾。こういった作家陣の采配のユニークさも〈ヒプノシスマイク〉の魅力のひとつです。

 そして独歩のソロ曲“チグリジア”は、ヒップホップ・バンドのAFRO PARKERによるくすんだ色のジャジーな生演奏に乗せて、独白めいたラップを浸透させていくディープな一曲。〈生きがいも別に無いよ 眠りたいだけ〉と諦念交じりの言葉を繰り返す彼ですが、〈俺は詞が書けない限り屍だ〉と随所で表現への欲求を燃え上がらせるところがポイント。なお、〈チグリジア〉とは別名・虎百合と呼ばれる花の名前で、その花言葉は〈私を愛して〉。リリックの内容とは裏腹のメッセージを感じさせるタイトルではないでしょうか?

左から、GADOROの2017年作『花水木』(SUNART)、RADIO FISHの2016年作『WORLD IS MINE』(YOSHI MOTO R and C)、AFRO PARKERの2016年作『LIFE』(para de casa)

 


シブヤ・ディビジョン Fling Posse

 4チームのなかでも一際ポップでカラフルなテイストの楽曲が目立つシブヤ・ディビジョン代表のFling Posse。easy Rこと飴村乱数(CV:白井悠介)は幼い見た目と天真爛漫な言動に反して腹に一物を抱えるファッション・デザイナー、Phantomこと夢野幻太郎(CV:斉藤壮馬)は呼吸をするように自然とウソを吐く想像癖過剰な作家、Dead or Aliveこと有栖川帝統(CV:野津山幸宏)は自分の命すら賭けてしまうほどのギャンブル狂と、メンバーのタイプも見事にバラバラ。抜群のキャラ立ち具合が楽曲にも反映され、本シングルに収録された各ソロ曲も個性的なものばかりです。

シブヤ・ディビジョン Fling Posse Fling Posse -F.P.S.M- EVIL LINE(2017)

 キャンディの大好きな乱数がとびきり甘い歌い口で愛嬌を振り撒くソロ曲“drops”は、チャーリーXCXらにも通じるキッチュなシンセ・トラックが渋谷というより原宿っぽさを感じさせる、ほぼ歌がメインのKawaii系バブルガム・ポップ。作詞のほか、コライトで作/編曲にも関わるCHI-MEYらしいメルヘン感が、シブヤの街に〈雨〉ならぬ〈飴〉を降らせるマジカルな歌詞の世界観にもピッタリです。

 幻太郎のソロ曲“シナリオライアー”は、ラップというよりも物語を読み聞かせるようなスタイルで、自身の不遇な生い立ちとウソをつく理由に隠されたエピソードを語る感動的なナンバー……と思いきや、最後にすべてをひっくり返すところが、小説家でもある彼ならでは。そのストーリー仕立ての聴かせるリリックを手掛けたのは森心言(Alaska Jam/DALLJUB STEP CLUB)、エモみのあるトラックで物語の真実味を脚色したのはRhymeTubeの仕事です。

 そして生粋のギャンブラーでもある帝統のソロ曲は、スロットのスリーセヴンをもじったタイトルの“3$EVEN”。BVDDHASTEP製のホーンを用いたつんのめり系の変形ファンクに、一攫千金を夢見てコインを投じまくる彼が一喜一憂する姿が活写されています。最後は見事に大当たり!……と思いきや夢オチ、というどんでん返しの展開は幻太郎の楽曲にも通じるものがありますが、こちらも先述の森が作詞を担当。シブヤ随一のいじられキャラでもある帝統らしい結末に。

左から、チャーリーXCXの2015年作『Sucker』(Neon Gold/Atlantic)、DALLJUB STEP CLUBの2017年作『Check The Shadow』(術ノ穴)、RhymeTubeがプロデュースで参加したharuru犬love天使の2018年作『lost lost dust dream』(Ourlanguage)

 

40周年プレイリスト
pagetop