2018.11.28

ヴァーヴの元フロントマンが2年ぶりのアルバムを完成させた。ジャケットだけ見ると何とも言えない感じだが、中身はソロ・キャリアを総括するような素晴らしいもの。アコギとストリングスを中心にしたシンプルかつ美しいミディアム・テンポのサウンドに、情感溢れる歌声を響かせていて、音楽の持つ力を訴えたリリックがリスナーの胸に熱く突き刺さる。バンド時代をも凌ぐ圧倒的なカリスマ性に震えて泣け!

関連アーティスト
pagetop