2018.11.29

プリティ・リッキーのリードがミックステープを挿んで9年ぶりに放ったソロ作。ラトーヤ・ラケットを迎えたスロウの表題曲など、未発表アルバムからの蔵出し的な側面もあるが、ミーゴスあたりへの先駆者からの回答とでも言うべきトラップへの目配りなど現行感は強い。ビッグ・パニッシャー“Still Not A Player”におけるジョーのフックを引用したミッド“What About Us”のほか、後半のスロウ・ジャムが美味。

関連アーティスト
pagetop