COLUMN

クリーン・バンディット『What Is Love?』メンバー脱退も何のその、リタ・オラやルイス・フォンシら豪華ゲストと作ったジンクス無縁の2作目!

クリーン・バンディット『What Is Love?』メンバー脱退も何のその、リタ・オラやルイス・フォンシら豪華ゲストと作ったジンクス無縁の2作目!

愛って何? 永遠を誓ったあの日の喜び、醜い嫉妬心、家族を慈しむ気持ち、別れの悲しみ── 勇壮なチェロの音色やハウシーなビートに乗せ、多彩なゲストと共にその答えを探しに行こう

ケンブリッジから世界へ

 オフィシャルの資料によると、シングルの総セールスは4000万枚以上、ストリーミング再生総数は100億回以上、動画再生総数は35億回以上……と、桁違いの記録を持つUK生まれのクリーン・バンディット。ケンブリッジ大学で出会ったジャック・パターソン(ベース/サックス/キーボード)、グレイス・チャトー(チェロ)、ニール・アミン・スミス(ヴァイオリン)の3人に、ジャックの弟ルーク(ドラムス)を加えて2009年に結成されたユニットだ。彼らは2014年1月にリリースした“Rather Be”の大ヒットで、一躍グローバルな存在へ(翌年にはグラミーの〈Best Dance Recording〉も受賞)。アルバム・デビュー前のジェス・グリンをフィーチャーした同曲には、歌メロをドラマティックに盛り上げるストリングス、ファットで心地良いビート、ゲーム・ミュージック風の電子音などこのグループの持ち味が凝縮。安部春香が出演し、日本で撮影されたMVも大きな話題を呼び、その騒ぎは音楽シーンを飛び越えるまでヒートアップしたものだ。

 そうした追い風に乗って、2014年5月にファースト・アルバム『New Eyes』を発表。美しいストリングスと耳馴染みの良いメロディー、そしてグルーヴィーなベースラインによって、クリーン・バンディットは〈クラシック音楽meetsベース・ミュージック〉というスタイルを確立する。と同時に、この10年ほどの間でデヴィッド・ゲッタらがメインストリームのトレンドのひとつに押し上げた、クラブ系のプロデューサーが多数のゲストを招いてポップなアルバムを作るという手法に則り、気鋭のシンガーたちを起用しながらUKガラージ、ダンスホール、エレクトロ、IDM、ファンクなどメンバー各々の趣向を鮮やかに提示。そして同作の成功を皮切りに、〈グラストンベリー〉や〈ベスティヴァル〉、〈コーチェラ〉をはじめとする大型フェスに招待されるようになり、BBC関連のイヴェントや番組にもたびたび出演して、とりわけ本国では確固たるポジションを築くのだった。

 その『New Eyes』の喧騒が少し落ち着きはじめた2016年以降、彼らは次々と新しいシングルをカットして来るべきセカンド・アルバムへの期待を煽っていく。その口火を切ったのがショーン・ポールとアン・マリーを迎え、ムーンバートンを軸にしたメランコリック・ポップ“Rockabye”だ。歌い手2人の奮闘と、ダンサブルでありつつ物思いに沈むようなクリーン・バンディットらしいサウンドが支持されたのはもちろん、シングルマザーに捧げたリリックも大きな共感を集め、UKチャートで9週連続1位をマーク。続くディープ・ハウス調のセカンド・シングル“Tears”では、番組史上最年少で「The X Factor」を制したルイーザ・ジョンソンの情熱的な歌唱をフィーチャーし、こちらも難なく全英No.1に。だが、同曲に火を噴くようなヴァイオリン演奏を添えたニールが突然の脱退。順風満帆だったグループに暗雲が忍び寄る。

 

それぞれ違う形の愛

 しかし、そんなゴタゴタもすぐに吹き飛ばし、2017年にはザラ・ラーソンの清らかな歌声と、切ないストリングスがロマンティックに交わるハウス・トラック“Symphony”を英米でヒットさせ、不安視するファンの声をあっさり払拭。さらに勢いは加速し、裏方/表方としてクリスティーナ・アギレラやショーン・メンデスなどの作品で名前を見る機会が急増しているジュリア・マイケルズとのメロウな“I Miss You”、ユニークな加工ヴォイスをアクセントに失恋から立ち直る様子をデミ・ロバートが力強く歌った“Solo”(京都で撮影した日本版のMVもちょっとしたバズに!)、マリーナ・アンド・ザ・ダイモンズとギネス級のヒット“Despacito”でお馴染みのルイス・フォンシが客演したレゲトン・ポップ“Baby”……と、曲調もゲストもヴァエティーが増した強力シングルを連発し、よりエクレクティックな方向性を強化していった。

 

CLEAN BANDIT What Is Love? East West UK/ワーナー(2018)

 こうしてようやく日の目を見るのが、待望のセカンド・アルバム『What Is Love?』だ。グレイスは今作について次のようにコメントしている。

 「愛のさまざまな種類の段階を見通しているの。3年かけて作ったんだけど、その間に私たちみんな、それぞれ違う形の愛を経験したわ。なかには苦しい失恋をしたメンバーもいる。なぜか多様な愛の形はすでに歌で作られているの。兄弟愛、家族愛、ロマンティックな愛、消耗するだけの狂愛、不信へと形を変えた苦しみの愛、そして“Rockabye”にも描かれている無条件の母性愛とかね。困難な時でさえ、愛のために、お互いのために、私たちがどんな犠牲をみずから払うのかを探求しながら今回のアルバムの制作に取り組んだわ」。

 先行カット以外のアルバム収録曲に目を向けてみても、クラシック音楽やUKベース・ミュージックの色合いは薄まり、グレイスの言う〈愛〉をテーマにした影響なのか、レゲエ由来のリズムにラテン・ポップや現行R&Bの要素をミックスしたような、マイルドでエモーショナルなナンバーが並んでいることに気付かされる。特に印象的なのはスパニッシュ・ギターの音色で、郷愁を誘うエリー・ゴールディング客演曲“Mama”、カイルとビッグ・ボーイがムーディーに歌とラップを披露した都会的な“Out At Night”、 クレイグ・デヴィッドの甘い歌い口とカーステン・ジョイ(クリーン・バンディットの現ライヴ・メンバー)の伸びやかなヴォーカルが良好なマッチングを見せる“We Were Just Kids”での演出効果は絶大だ。

 この他にもトーヴ・スティルケやステフロン・ドン、リタ・オラにチャーリーXCXなど、クレジットを眺めただけでワクワクするようなゲストを揃え、ファースト・アルバムよりも確実に豪華な内容と言えるだろう。サウンドの感触こそ変化したように思えるものの、グループの芯となる多様なエレメントを許容するハイブリッド感覚や、情緒に溢れたメロディーは損なわれておらず、ミュージシャンシップの高さをまざまざと見せつけられた思いだ。

クリーン・バンディットの2014年作『New Eyes』(East West UK)

 

『What Is Love?』に参加したアーティストの作品。

 

次ページ『What Is Love?』と同じ空気を吸い込んだハイブリッド&多機能型のポップ・サウンドはこちら!
pagetop