COLUMN

1975『A Brief Inquiry Into Online Relationships』現代っ子らしい越境センスと冷めた目線でSNS時代の心の闇に斬り込む3作目!

1975『A Brief Inquiry Into Online Relationships』現代っ子らしい越境センスと冷めた目線でSNS時代の心の闇に斬り込む3作目!

Inside Your Mind
すりガラス越しに眺めた現代社会はどんな色をしているのだろう――無防備なほど美しい歌世界で幅広いリスナーを虜にしたマンチェスターの4人組が、秀でた折衷感覚を駆使してインターネット時代の空虚な感情を曲にしたためる。〈僕〉と〈君〉はここにいる……のか?

THE 1975 A Brief Inquiry Into Online Relationships Dirty Hit/Interscope/ユニバーサル(2018)

 

ミレニアル世代の新たな道標

 2010年代のポップ・ロックを象徴するバンドとして、エクレクティックなセンスで軽やかに時代を乗りこなしてきた1975。前作『I Like It When You Sleep, For You Are So Beautiful Yet So Unaware Of It』で全英/全米チャート1位を獲得し、名実共にトップ・バンドへ登り詰めた彼らの待望の3作目となるのが『A Brief Inquiry Into Online Relationships』だ。オートチューンを巧みに効かせたR&Bやトロピカル・ハウス、エレクトロニカの抽象を纏った甘美なソウルやジャズの援用など、トレンドを適宜ピックアップしていく嗅覚と、それを間口の広いポップソングに集約していくマナーはさらに洗練されている。しかし同時に、今作は彼らが自身と自身を生んだ時代へのアイロニカルな批評を深めた転機の一枚でもある。

 インターネットによって本質をスポイルされたコミュニケーションの虚しさや、SNSでの虚像に侵食されて漂流する自我を浮き彫りにした歌詞も、享楽のポップスの狭間でふと立ち昇ってくる孤独の素描のようなピアノとフォーク・ギターも、時代の当事者であり、勝者である1975だからこそ対峙すべき境地だったとも言えよう。彼らは今回レディオヘッドの影響を受けたと語っているが、『OK Computer』で予知された世界を日常として久しいミレニアル世代にとって、このアルバムは新たな道標となるかもしれない。 *粉川しの

 

華やかな大衆性と格調の高さ

 ワン・ダイレクションとファンを取り合うほど2013年のデビュー時から大衆的なアイドル性を備えつつ、一方で自分たちを冷めた目で捉えたリリックなどが意識の高い人にも評価され、おいしいポジションを築いてきたマンチェスターの4人組、1975。2年ぶりとなるこのサード・アルバム『A Brief Inquiry Into Online Relationships』でも、〈ネット上の希薄な人間関係を考察する〉というインテリな題目を掲げながら、プロダクション的には前作『I Like It When You Sleep, For You Are So Beautiful Yet So Unaware Of It』で開眼したホワイト・ファンク/ディスコ路線の続きを展開し、どっちサイドの耳で聴いても大満足な内容になっていて流石としか言いようがありません。

 “The Sound”(2016年)みたいな瞬発力のある曲が減ったぶん、代わりに物憂げなトーンで全体を統一しているのもある意味イマっぽく、ジョイ・ディヴィジョン“Disorder”なリフ使いやリル・ピープへの追悼など、SNSで話題にしたくなるような仕掛けもいっぱい。声の加工によって甘みとプラスティック感を増した歌が、〈フューチャー・ソウル〉〈トロピカル・ハウス〉〈ダーク・ゴスペル〉など昨今のさまざまなトレンドをスムースに束ねていく様子に、きっとヴァンプスやDNCEも嫉妬するんじゃないでしょうか。とにかく、ここへきて1975に絶対王者の風格が漂いはじめた印象です! *山西絵美

関連アーティスト
pagetop