2018.12.07

『涙。』に続く2枚目のミニ・アルバムは、山下達郎“アトムの子”ばりのジャングル・ビートに心躍るコモリタミノル製の“ぼくのヴィーナス”を筆頭に、EPOや鈴木祥子といった面々も参加。80年代末~90年代初頭のガール・ポップを想起させる煌めきが詰まっている。堂島孝平によるロック曲“Wonder Shot”では別人のように熱を帯びた歌を聴かせるも、基本はクセのない柔らかな声で、特にバラードでの情感豊かな表現は絶品。

 

pagetop