TOPICS

HOMMヨが新作『No Past To Love』をリリース、きのこ帝国・佐藤千亜妃と漫画家・雲田はるこからコメントも

HOMMヨが新作『No Past To Love』をリリース、きのこ帝国・佐藤千亜妃と漫画家・雲田はるこからコメントも

スリーピース・ロック・バンド、HOMMヨが12月8日(土)にEP『No Past To Love』をリリースする。

ニイマリコ(ギター/ヴォーカル)、みちゃん(ベース)、キクイマホ(ドラムス)の3人で2005年に結成され、以降13年間、不動のメンバーで活動を続けているHOMMヨ。盟友・FALSETTOSとのスプリット・シングル『Undercurrent / LONE LOVE』をリリースし、ツーマン・ライヴも成功させるなど、今年も精力的な活動を続けている。

そんな彼女たちの待望の新作『No Past To Love』は、このたび立ち上げられた自主レーベル、Σ recordsからの第一弾リリースとなる。収められているのは、ライヴの定番曲“デラシネ”やデヴィッド・ボウイへの想いが綴られた“ノクターン”など、これまで以上にヴァラエティー豊かな5曲。アイドル・グループ、ヤなことそっとミュートに歌詞を提供するなど、作詞家として活躍の場を広げているニイのリリックにも注目だ。

本作のレコーディングは、Alan Smithee's MAD UniverseやTranskamのギタリストであるSTUDIO ZOTの久恒亮が、マスタリングはピースミュージックの名匠・中村宗一郎が担当。さらに、きのこ帝国の佐藤千亜妃と、〈くもはるフェス〉を共同開催している漫画家の雲田はるこからは、アルバムへのコメントが寄せられている(下記を参照のこと)。

〈No Past To Love〉、すなわち〈愛すべき過去などない〉というタイトル通り、力強くキャリアを刷新するようなフレッシュなサウンドの『No Past To Love』。本作で新たな絶頂期を迎えているHOMMヨの活動から、ますます目が離せなさそうだ。

 


佐藤千亜妃(きのこ帝国)のコメント
彼女たちの本質はライブにある、と個人的には思っています。それぞれの弾きっぷり、叩きっぷり、歌いっぷりを観れば、魅せられること間違い無し。シニカルでありながらセクシーなんです。その入り口として、この音源と出会う人が多く居れば万々歳!!

雲田はるこ(漫画家)のコメント
以前オムさんがアルバムを出してから、色んなことが起きました。色んなことが終わりそしてたくさんの新しいことが始まりました。その歳月は全て繋がっていて連綿とせつなさをたずさえています。それらがぎゅっと歌にこもっているように聞こえました。メロディはより豊かに確かに聴きやすく優しくなって、けれど静謐さが増したような気がしています。けれどオムさんらしさも備えた、伝統と革新の共存したアルバムだと思います。色んなことがあります
が、またオムさんの真新しい一面を聴けてとても嬉しい。オムはまだまだこれからも上にのぼり続けますね。ずっと同じことをできる喜びをかみしめつつ、これからのオムさんを楽しみにしています。

 


Live Information
〈山口やまぐ&松尾翔平 共同企画
ブラックナードフェス!vol.4
~Let's Go World Nerdy Journey~〉

12月16日(日) 東京・八広地域プラザ 吾嬬の里(あづまのさと)本館
出演:オシリペンペンズ/割礼/RUINS(吉田達也+増田隆一)/ほたるたち(穂高亜希子+松尾翔平+吉川賢治)/3776/SAKA-SAMA/HOMMヨ/otori/xoxo(Kiss&Hug)/EXTREME/Weekday Sleepers/山口やまぐと地獄少年/田島ハルコ/内田るん/吉田和史×夜窓/横沢俊一郎/Cobalt/ロクトシチ/しののめ/山口やまぐ Another Hell Meeting/Super Ganbari Goal Keepers/姫乃たま and more(全25組予定)
開場/開演/終演:10:30/11:00/20:00
入場料:3,000円(ドリンク代別/高校生無料)
内装:ヤバイネーション
3ステージ制/フード、フリーお菓子あり

協賛・協力:なりすレコード/TRASH-UP!!RECORDS/なんのこっちゃい西山。
お問い合わせ:ブラックナードフェス実行委員会 山口やまぐ/松尾翔平
blacknerdfes@gmail.com

pagetop