INTERVIEW

山崎あおい『FLAT』 作家活動を通じ、シンガー・ソングライターとして飛躍を遂げた彼女が改めて表現する〈自分が歌うべき歌〉とは?

山崎あおい『FLAT』 作家活動を通じ、シンガー・ソングライターとして飛躍を遂げた彼女が改めて表現する〈自分が歌うべき歌〉とは?

ここから長い個人戦のスタート――作家活動を経て、シンガー・ソングライターとして飛躍を遂げた彼女。敏感な感性と多面的な視点を露にした〈自分が歌うべき歌〉とは?

 素朴でピュアな〈ギタ女〉から、クリエイターとしての意志とセンスを備えた大人のアーティストへ。今回の新作『FLAT』において、山崎あおいはソングライティング、アレンジ、歌唱のすべてで豊かな創造性を発揮。アーティストとして大きな飛躍を遂げた。2012年にアルバム『ツナガル』でメジャー・デビューを果たしてからはシンガー・ソングライターとして着実に歩む一方、近年はたんこぶちんや鈴木愛理、アンジュルムらに楽曲を提供するなど、活動の幅を広げている。

 「楽曲提供は以前からやりたかったんです。喉の不調でライヴ活動を休止していた時期に〈リハビリしてるだけではもったいない〉と思い、機材を買って、DTMの勉強を始めて。そのときに作ったデモをコンペに出したことが、作家活動のきっかけでした。もともと曲を作ること自体が好きだし、いろんなタイプの曲を制作できるのは嬉しいですね。自分には歌えそうにない、ものすごくポップな曲をアイドルに歌ってもらったり。そのなかで、〈自分が歌うべき歌〉が明確になってきたのも良かったです」。

山崎あおい FLAT SPACE SHOWER(2018)

 前作『Rinkle-Rinkle』以来、2年10か月ぶりとなるフル・アルバム『FLAT』にも、彼女にしか表現できない歌がたっぷりと収録されている。全体的なテーマはあえて設けず、「作りたい曲を作って、〈いいな〉と思えるものを収録する」というスタンスに貫かれた本作には、シンガー・ソングライターとしての彼女のセンスが奔放に表れているのだ。

 「コンセプトはなかったんですが、〈気負わずにやろう〉という意識はありました。『FLAT』というタイトル通り、〈これはちょっとチャレンジしすぎかな〉とか〈TVで流れたときに一瞬で覚えられるメロディーを書こう〉みたいなことは考えず、まずは自由にやりたいなと。〈山崎あおい〉という枠のなかで遊ぶというか。そのほうがたくさん曲が書けるんですよね」。

 「高校生の頃みたいに〈目にするものをすべて歌にしてやろう〉という姿勢が蘇ってきた」というモードで制作されたという本作。例えば、遠距離恋愛中の切なさ、焦燥感を描いた“遠距離トレイン”は、TVのドキュメンタリー番組に出ていた女性がモデルになっているという。

 「新潟と東京で遠距離恋愛をしている女性が、〈最近、彼氏がそっけない〉と悩んでいて。結婚適齢期でもあるし、〈いっそフラれよう〉と彼に会いにいくんですけど、その清々しさ、切なさが印象的で、〈彼女のテンションを歌にしたい〉と思って作ったのが“遠距離トレイン”なんです。アレンジは80年代のJ-Popのイメージ。去年、松本隆さんのトリビュート・ライヴで、しょこたん(中川翔子)が歌った松田聖子さんの“レモネードの夏”が素晴らしすぎて、その影響が出てるかも(笑)」。

 「以前だったら〈これはやりすぎかな〉と思って、配信シングルにはしなかったでしょうね」という“鯖鯖”も印象に残る。叙情的なメロディーライン、軽やかな打ち込みのトラック、〈カレシ、遠洋漁業の人がいい/サバサバが私に丁度いい〉というフレーズがひとつになったこの曲は、彼女のユニークな感性がもっとも強く出ていると言えるだろう。

 「子どものとき、母親が〈友達が彼氏に会いたくないってグチってて、付き合うなら遠洋漁業の人がいい、って言ってたの。すごいよね〉と話していたのをずっと覚えていて、いつか曲にしたいと思ってたんです。〈鯖〉と〈サバサバ〉を合わせて、あっさりした恋愛をしたがっている女性のことを歌っています(笑)。メロディーに関しては、10年くらい前の着うた全盛時代に流行ったようなものを意識しました」。

 そのほか「春の淡い感じを記憶に留めておきたくて」という郷愁感に溢れたミディアム・チューン“maboroshi”、女子会で人の悪口を言っている女性への嫌悪感を爽やかなポップ・ナンバーに仕立てた“アイソレイト”など、魅力的な楽曲が多々。アルバムの最後に収録された“Singing Life”の〈本当の本当は/歌だけ愛したい〉という歌詞が示す通り、彼女は本作『FLAT』の制作を通し、歌を書き、歌うことに対する思いをさらに強めたようだ。

 「20代前半までは、自分のなかにある感情を切り売りしながら曲にしている感覚があったんです。そのタームは終わって、これからは〈いま見えているもの〉を曲にしていくんだろうなと。『FLAT』はそのスタート地点だと思うし、その気持ちを込めたのが“Singing Life”なんですよね」。

 10曲のうち2曲は彼女自身がアレンジを担当。他の楽曲も、自分でデモ音源を作り、アレンジャーとやり取りしながら制作を進めるなど、新たな才能も開花させつつある山崎あおい。『FLAT』を生み出したことにより、彼女は次なるステージに進むことになるだろう。

 「同じ時期にデビューした人たちに対して〈あの子には負けたくない〉なんて思ってたけど(笑)、この先は〈長い個人戦〉になると思っていて。トーナメント戦を戦うのではなく、自分の記録を伸ばしていくことに集中したいなと。これからも作りたい曲を作っていきたいし、MVやCDジャケットにも関わっていきたいです。ギターを弾いて歌うだけではなくて、全部自分でやれるアーティストに憧れているんですよね、いまは」。

山崎あおいの提供曲を収録した作品を一部紹介。

関連アーティスト
pagetop