2018.12.10

シカゴの気鋭ドラマーの3年ぶりとなるアルバムはなんと2枚組の大作。カルロス・ニーニョやミゲル・アトウッド・ファーガソン、トータスのジェフ・パーカーら諸先輩を客演に迎え入れつつも、ヒップホップをルーツに持つ彼ならではのエッセンスが注入されたドラミングは、スピリチュアル・ジャズともビート・ミュージックともカテゴライズできない唯一無二のものだ。“Atlantic Black”が超ドープ。

pagetop