INTERVIEW

ASKA〈華麗なオーケストラと待ち焦がれたファンの歓声が新しいスタートに華を添える〉

2018年11月5日東京国際フォーラムホールA

華麗なオーケストラと待ち焦がれたファンの歓声が新しいスタートに華を添える

 11月5日、東京国際フォーラムホールAで〈ASKA PREMIUM SYMPONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE-〉ツアーがスタートした。ASKAにとってもASKAのファンにとっても、5年8か月ぶりのコンサート。どんな思いでステージに立ったのだろう。

 「ステージに上がり、マイクを前にしたときから、思いのほか冷静になれました。今夜もいつもどおりにやれるな。そう思えた。ただし、本番の直前まで、入念に準備しましたよ。前日まで毎日リハーサルをして、当日も1度全曲通しで歌ってから本番に臨んでいます。喉はかなり酷使しました。でも、ふり返れば、かつてもリハをやり過ぎていた。リハで歌い過ぎちゃうこともいつもどおりでしたね」

 コンサートは2部構成。演奏は藤原いくろう指揮の東京フィルハーモニー交響楽団。インストゥルメンタルに導かれてASKAが登場。1曲目は《熱風》だ。

 「オープニングから客席が温かく迎えてくれていることがわかりました。この空気を大切に、温度をさらに上らせていけばいいと思いました。ほとんどのミュージシャンが両耳にするイヤモニ(歓声の中でも演奏がはっきりと聴こえるように耳に入れるイヤーモニター)を僕は左だけに入れています。左で歌のピッチや楽器の演奏を確かめて、右で自分の生声や歓声もはっきり聴く。すると、会場の空気をリアルに感じられます。オーディエンスと空気を共有できて、客席と自分の一体感を味わいながら歌えるんですよ。コンサート会場って、温度によって音が変わります。暖かければそれだけ、音はゆっくり伝わっていく。あの夜の会場は暖かくて、声がゆるやかに響いていきました」

 久しぶりのステージだからこそ、ASKAは代表曲をずらりと並べた。

 「オーディエンスが喜んでくれることを最優先に考えて、4、5か月前に曲を決めました。今回はバンドのコンサートではなく、オーケストラ。藤原さんが全パートの譜面を書かなくてはいけないので早い時期に準備しています。そして、2017年にリリースした『Too many people』から2曲加えました。自分自身の温度を上げるために歌い慣れていない曲をあえて入れた。実はコンサートの前に1曲だけ変更しました。《男と女》を《迷宮のReplicant》にさしかえています。あくまでもステージの流れを考えてのことですけれど」

 《はじまりはいつも雨》《YAH YAH YAH》《SAY YES》……。どの曲もイントロが鳴る度に会場全体で歓声がわく。《はじまりはいつも雨》では、涙ぐむファンも。《YAH YAH YAH》では、2階席まで5000人のオーディエンスが立ち上がり、こぶしを振り上げて歌っていた。

 「《YAH YAH YAH》《SAY YES》《はじまりはいつも雨》は僕の名刺といえる曲です。長い間楽曲を作っていると、自分でもよくできたと思える作品はあります。こういうインタヴューではね、売れた曲もそうでない曲も、自分の作品は全部子どものようにかわいい、というべきなのかもしれません。でも、本心からそう言うのはやっぱり難しいですよ。実際に《YAH YAH YAH》《SAY YES》は、作詞作曲した時点で、売れると感じました。ヒットしないはずない、とね。それ以前の体験で、多くの人に喜んでもらえると感じた要素を投じて作ったので。その一方で《はじまりはいつも雨》は、完成した時点では、売れるか売れないか、半信半疑でした。その前の曲、そしてさらに前の曲も気に入っていて、でも大ヒットにはいたらなかった。どうしてなんだろう――と、考えていた時期でしたから。次こそはと期待がふくらんでいたタイミングでヒットしたのが《はじまりはいつも雨》でした。この曲で時代と僕の呼吸が合ったのかもしませんね。リリースと同時に売れて、プレスが間に合わない状況になりました。毎週木曜日にCDショップに入荷されるとすぐに売り切れて、翌週の木曜日もまた売り切れて、常に市場在庫がない状況でね。プレスが間に合わないこともあって、ウィークリーチャートのランキングは2位まででした。ただし、僕の作品の中ではもっとも多くカヴァーしてもらった曲でもあり、すごく長くリスナーに愛していただいています」

 この曲は、EXILEのATSUSHI、東山紀之、Kinki Kidsの堂本剛、佐藤竹善など、たくさんのアーティストにカヴァーされている。

 「時代を経ても聴き継がれていく曲、歌い継がれていく曲とはどんな作品なのか――。それは作り手の僕にもよくわかりませんね。たとえば《YAH YAH YAH》も、できたときにヒットを確信したとはいえ、こんなに長くファンの皆さんに愛されるとまでは思いませんでした。セールスでは《SAY YES》のほうがはるかに上なのに、コンサートでのリアクションは《YAH YAH YAH》のほうが大きいですから」

2018年11月5日東京国際フォーラムホールA

 このASKA PREMIUM SYMPONIC CONCERT 2018は12月19日(水)の福岡公演まで全国8都市10公演行われる。そして、12月23日(日)には、特別プログラム公演として静岡のグランシップ大ホール・海で「ASKA PREMIUM SYMPONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE- LAST OF LAST IN SHIZUOKA」の開催が決まった。

 「僕の気持ちとしては、地元の福岡公演がツアーのフィナーレです。静岡はグランド・フィナーレという位置づけでしょうか。とはいえ、今はまだツアーが始まったばかりなので(このインタヴューの時点では東京の初日と大阪公演が終わっている)、1つ1つのコンサートを大切にやっていこうとしか思っていません。よくプロ野球選手のヒーローインタヴューで、二けた勝利できそうですか? ホームラン30本に到達しそうですね? と訊かれますよね。すると選手は、1つ1つ勝っていくだけです、と答えるでしょ。あの心境と同じです。今は目の前のコンサートに集中することしか考えていません」

 2019年2月6日には、11月5日のツアー初日を収録した『ASKA PREMIUM SYMPONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE-』がDVDとBlu-rayで発売される。内容はコンサートで歌ったナンバーを全曲収録。さらに世界三大合唱団と称されるパリの木の十字架合唱団とコラボレートした新曲の映像も特別収録される。このようなオーケストラや合唱とのコラボは、ASKAのメロディがくっきりと明確で美しいからこそ実現する。

 「確かに僕の作品は、オーケストラ映えすると、よく言っていただきます。でも、歌っている僕自身はよくわからないんですよ。自分を客観視するのは難しくて。でね、先日、他のアーティストオーケストラとのコラボを観たんです。そこから推測すると、僕の音楽もエモーショナルで、ドラマティックな流れがある。ひょっとすると、そのあたりが、オーケストラとの相性のよさにつながっているのかもしれません。あと1つ言えるのは、オーディエンスの存在でしょう。先日、未完成の状態ですが、11月5日のコンサートの映像を観ました。5000人の客席の拍手はすごい。それがね、ホールにいい感じで響いている。東京国際フォーラムも20年を経て、ギターやピアノのボディのように鳴りがよくなっているんじゃないでしょうか。そういうすべてが総合して、質の高い音楽が生まれているのだと思います」

 


ASKA
1979年CHAGE and ASKAとして《ひとり咲き》でデビュー。翌年「万里の河」がチャート上位を獲得。《SAY YES》《YAH YAH YAH》《めぐり逢い》など、数々のミリオンヒット曲を世に送り出し、多くの賞を総なめにする。1996年には、アジアのミュージシャンとしては初となる「MTV Unplugged」へ出演。また、ソロ活動としては、音楽家として数多くのアーティストに楽曲提供を行う傍ら、《はじまりはいつも雨》が、ミリオン・セールスを記録。2017年には、自主レーベル「DADA label」を立上げ、2018年、ASKA Official Web Site及びファンクラブ「Fellows」を開設し、月1ペースで新曲を配信するなど精力的に活動している。
オフィシャルウェブサイト:www.fellows.tokyo

 


2/6(水)、ASKA再始動公演・完全収録版&特典付きDVD /Blu-rayリリース決定!
〈2018年11月5日(月)東京国際フォーラム ホールA公演ライヴ〉ASKAの新しい挑戦を示す記念の舞台を完全収録。その他ASKAインタヴュー等も収録。
billboard-cc.com/classics/aska-dvd/

 


LIVE INFORMATION

ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE-
全国10公演完売!
○東京 11/5(月) ○大阪 11/14(水) ○仙台 11/26(月) ○東京 12/3(月) ○東京 12/6(木) ○西宮 12/8(土) ○京都 12/10(月) ○札幌 12/13(木) ○横浜 12/15(土) ○福岡 12/19日(水)

billboard-cc.com/classics/aska2018/

 

追加公演決定
【特別プログラム公演】
ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE- LAST OF LAST IN SHIZUOKA

○静岡 12/23(日)15:00開演 グランシップ 大ホール・海
【出演】ASKA/指揮:藤原いくろう/piano:澤近泰輔/percussion:小野かほり/管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
billboard-cc.com/classics/aska-shizuoka/

40周年プレイリスト
pagetop