2018.12.13

前作同様にメロウでかつジャズの匂いを放つトラックが得意なFReECOolをプロデューサーに迎えた、約1年ぶりの2作目。その巧みなデリヴァリーは多彩なステージを経験して新たな光と可能性を放ちはじめている。RAIZENと安瀬まりなを招いて軽快にスピットするポジティヴな“RIDE ON LIFE”、トークボクサーのJUVENILEを交えたバウンシーな“BLUE MOON”が新鮮。気負いなく余裕すら感じさせる一枚だ。

 

関連アーティスト
pagetop