INTERVIEW

GONTITI『「we were here」−40 years have passed and we are here−』 結成40周年でデビュー35周年。〈新しい〉も〈いつも通り〉も、ゴンチチはゴンチチ

GONTITI『「we were here」−40 years have passed and we are here−』 結成40周年でデビュー35周年。〈新しい〉も〈いつも通り〉も、ゴンチチはゴンチチ

結成40周年でデビュー35周年
〈新しい〉も〈いつも通り〉も、ゴンチチはゴンチチ

 GONTITI。不思議な名前を持ったふたりは幾久しく不思議なままだ。ってことを身に染みて実感させてくれるのが、結成40周年、デビュー35周年の記念作となる7年ぶりのオリジナル・アルバム『「we were here」−40 years have passed and we are here−』だ。まず耳を捉えたのは、耳ざわりが良い打ち込みの音を着た彼らであり、その佇まいは過ぎ去った遠い日々を懐かしく思い出させてくれる。

GONTITI 「we were here」−40 years have passed and we are here− ポニーキャニオン(2018)

 「年齢的なこともあるし、初期のスタイルを発展させたアプローチをとるなど少しまとめる形に入ろうか、という意識もあったんです。ところが若いアレンジャーたちと作業を行い、レコーディングをやり始めたらどんどん面白くなってきて、集大成的な感じになるどころか……」(ゴンザレス三上)

 「デュオのスタイルが多くて、他の要素を入れる割合が少なくなっていたんですが、初期のようにアナログ・シンセの音を散りばめるのが面白いなと思っていて。でもなおかつ今回は弦も豊富に入っていますし、さまざまな要素を散りばめることができましたね」(チチ松村)

 新鮮な空気を吸い込むことで守りから前進する強い意識が芽生えたということか。

 若いアレンジャーとは現代音楽家の中井雅子(Rayons)や七尾旅人との仕事でも知られるドリアンたち。GONTITI観の異なる若き音楽家との初作業では、思いがけないフレーズが付け加えられるなど予期せぬ驚きを与え、クリエイティヴィティーを大いに刺激したようだ。

 「彼らとの作業でオリジナル曲にもさまざまな可能性が感じられて、昔の気持ちがよみがえってきた。まとめに入るどころか、ここをゼロとする新たな出発点のようなアルバムになりましたね」(三上)

 それにしても、ストリングスをフィーチャーしたムード音楽系にクールなシンセ・サウンドに彩られたエキゾなポップ系がこのように違和感なく共存するケースは稀。この不思議な楽園のような世界はGONTITI的と呼ぶほかなく、その独特な魅力を堪能させてくれる作品がこの機会に作られたことを嬉しく思う。ところでデビュー時にいまのような到達点を想像できた?

 「ぜんぜんですよね。まず生きているのが不思議(笑)」(松村)

 「元々松村さんは歌もやっていて、やがてギターだけになっていった道筋も不思議だし、デビューしたらコンピュータのデジタル・サウンドを融合した音楽を作り始めたのもヘンな感じで。すべてが予想外。いつ沈んでもおかしくなかったのに、ラッキーだった」(三上)

 「そもそも予定を立てたことがないですから。こうなるだろうという展望もないし。ただただ音楽を作り、演奏をする幸福感を追い求めてきただけ。でもこの組み合わせってあり得ないですよね。よくぞ出会えたと思う」(松村)

 「ずっと僕らをディレクションしてくれている方が、マイクの前で右往左往している様子を見て、おたくらはいつまで経っても素人だと言っていて。でも事実そのとおりで、プロの発想じゃないところでやるのが面白い、っていうのがまずありましたので。だからこういう濃い音楽をやってきたんですよ。いまだにアルバムを作りながら音楽の探検をしている気がしますね。音楽の理論から漏れる“野性”の部分を追いかけてきたところもあり、だから音楽家をやってこれたとも言える。後悔の繰り返しですけど、松村さんはそういうのを俯瞰で眺めていて、ある程度のところで納得することができる。いつも後で思うのは、あのとき松村さんのほうが正しかったってこと。だからこのふたりで良かったと思いますよ」(三上)

 「僕は一か所感じるポイントさえ抑えていればそれでいいんです。三上さんが弾いたフレーズで、ドキドキできるかどうかが何よりも大事だから」(松村)

 後継者のいない、誰にも真似できない音楽だとつくづく思う。GONTITIのスタイルを継承しようと表面をなぞったところで、きっと彼らに近づくことはできないだろう。そんな事実を『「we were here」−40 years have passed and we are here−』を聴けば誰もが気付くだろう。

 「なかなか真似できないでしょうね。それに僕らはたまたまギターで音楽をやっているけど、ギター音楽をやっているとは思っていないんで」(松村)

 


GONTITI (ゴンチチ)
ゴンザレス三上とチチ松村によるインストゥルメンタル・アコースティック・ギターデュオ。1978年結成、1983年デビュー。現在まで制作したアルバムは40枚を超え、10数枚のアルバムは全米、アジア他でも発売。是枝裕和や竹中直人の映画はじめアニメの音楽も手掛ける。

 


LIVE INFORMATION

ゴンチチの年忘れinオキナワ2018
○12/30(日)18:30開演 会場:沖縄・桜坂劇場ホールA

Daiwa Sakura Aid Presents ゴンチチ 新春生音三昧 2019
○1/6(日)17:00 開演 会場:いずみホール(大阪)
○1/20(日)17:00 開演 会場:電気文化会館 ザ・コンサートホール(名古屋)
○2/3(日)17:00 開演 会場:紀尾井ホール(東京)

新春生音三昧2019
○2/9(土)17:00開演 会場:コンサートホールkitara 小ホール(札幌)
○2/17(日)17:00 開演 会場:宮城野区文化センターパトナホール(仙台)
www.gontiti.jp/

関連アーティスト
pagetop