COLUMN

ヤマハホール〈飯森範親と巡る芸術 vol.2〉 ゲストにピアニスト金子三勇士を迎え、ウィーンの音楽と芸術に迫る!

ヤマハホール〈飯森範親と巡る芸術 vol.2〉 ゲストにピアニスト金子三勇士を迎え、ウィーンの音楽と芸術に迫る!

音楽の都ウィーンを育てた、ハプスブルク帝国。黄金期に生まれた偉大な作曲家の
名作の数々を聴く

 実力と人気を兼ね備えた指揮者、飯森範親がナビゲーターを務め、ゲストとともに昼下がりの銀座でクラシック音楽を堪能する〈飯森範親と巡る芸術〉。第2回目は、情感豊かな演奏と絶妙のトークで聴き手をとらえるピアニストの金子三勇士をゲストに迎える。題して「19世紀ハプスブルク家と音楽家たち」。

 ハプスブルク家の栄華を誇る時代にウィーンで花開いた芸術は、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、リスト、ブラームスら偉大な作曲家の作品が次々に世に送り出された黄金期。第1次世界大戦によってハプスブルク家が終焉を迎えるまで、数々の名作が誕生し、これらの作品は王族に愛され、またウィーンの人々の心を癒し、活力を与え、「音楽の都ウィーン」の活性化につながった。それらの名曲はいまなお世界中の人々に愛され、クラシックの王道をいく作品としてウィーンの歴史と伝統を伝えることに大きな役割を果たし、音楽のみならず文化をも伝えてくれる。

 飯森範親はベルリン留学を経て、いまや国内外のオーケストラを幅広く指揮。オペラとシンフォニーを両輪とし、オーケストラをダイナミックに革新性をもって指揮し、作品に新風を吹き込んでいる。金子三勇士はハンガリーと日本の血を引き、リストを得意とするピアニスト。ふたりがウィーンの黄金期を彩った多彩な作品を紹介し、芸術家たちのストーリーにも触れる。会場のヤマハホールは木造りの美しい響きを特徴とし、音楽がまろやかな音色となって聴き手に届けられる。

 プログラムはモーツァルトの《トルコ行進曲》からスタート。シューベルトの歌謡的な旋律を存分に生かした即興曲、《楽興の時》と続き、ベートーヴェンの《悲愴ソナタ》が奏され、ブルックナー、リスト、ブラームスの名曲を経て、リストの《ハンガリー狂詩曲》でフィナーレを迎えるという趣向。まさに金子三勇士の真骨頂を存分に聴き取ることができる。

 その温かな音色を全身にまとった後は、ヤマハホールのすぐ近くに位置するワールド資生堂ホールにおいて、アフタヌーンパーティーが行われる。ここでは飯森範親と金子三勇士のトークに耳を傾けながら、美味なるアフタヌーンプレートを味わうひとときが待っている。「心とからだに栄養を与える」この妙なる時間。上質な音楽は人を豊かにし、無上の喜びを与えてくれるもの。エレガントで上質なひとときは、しばし日常を離脱し、別世界へと運ばれる感じ。至福の大人の時間をぜひ!

 


LIVE INFORMATION

Elegant Time Concert~上質な時間を貴方に~
飯森範親と辿る芸術 Vol.2 金子三勇士(ピアノ)を迎えて
~19世紀のウィーンを支えた音楽家たち~

○3月13日(水)12:30開場/13:00開演
会場:ヤマハホール(東京・銀座)
出演:《ナビゲーター》飯森範親(指揮者)、《演奏》金子三勇士(ピアノ)
曲目:
W.A.モーツァルト/ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 「トルコ行進曲付き」 K.331 より 第3楽章
F.シューベルト/即興曲集 Op.142, D935 より 第2番 変イ長調
F.シューベルト/楽興の時 Op.94, D780 より 第3番 ヘ短調
L.v.ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 「悲愴」 Op.13
A.ブルックナー/思い出 変イ長調 WAB.117
J.ブラームス/ワルツ集 Op.39 より 第15番 変イ長調
F.リスト/パガニーニ大練習曲 より 第3番 嬰ト短調 「ラ・カンパネラ」
F.リスト/コンソレーション(慰め) より 第3番 変ニ長調
J.ブラームス/ハンガリー舞曲集 より 第5番
F.リスト/ハンガリー狂詩曲 第2番 嬰ハ短調

www.yamahaginza.com/hall/

関連アーティスト
pagetop