2019.01.08

来福レーベルからお待ちかね、三遊亭圓楽師匠の最新盤が登場! お茶の間でもお馴染みの師匠の声と、愛に溢れた毒がマクラから会場を沸かせる全4席。1席目《船徳》は、人情噺の冒頭部分を滑稽噺にアレンジされた古典落語。情けなさすぎる船頭こと若旦那が対岸までたどり着くのか、様々な表現があるこの噺、師匠はどうサゲるのか。3席目《一文笛》は人間国宝・桂米朝師匠の一席。「椎名巌」「天野幸夫」という名前が聞こえてくる師匠らしいアレンジから、スリで主人公・秀の名人芸の如く鮮やかな手口。人情深さにはホロリときます。気がついたらそこは落語の世界。師匠の声に誘われるがままに浸ってください。

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop