COLUMN

英国が生んだ実験精神あふれるバンド、10ccがBillboard Liveで来日公演

英国が生んだ実験精神あふれるバンド、10ccがBillboard Liveで来日公演

“I'm Not In Love”や“The Things We Do For Love”などの名曲で知られる、英国が生んだ実験精神あふれるバンド、10ccが2019年1月27~28日にBillboard Live TOKYOで、2019年1月30日にBillboard Live OSAKAで、それぞれ来日公演を実施する。

10ccは、元々はそれぞれが音楽活動を行っていたグレアム・グールドマン、エリック・スチュワート、ロル・クレーム、ケヴィン・ゴドレイの4人で1972年に結成。グールドマンはそれまで、ホワールウィンズやモッキンバーズなどいくつものバンドを経験するもヒットには恵まれなかった。だが、彼が書いたモッキンバーズ用の楽曲“For Your Love”は後にあのヤードバーズがレコーディング。彼らの代表曲になったのは言うまでもない。紆余曲折を経て、かねてから面識のあった4人は遊び半分でセッションをレコーディングし、ホットレッグス名義でシングル『Neanderthal Man』をリリース。これが意外にもヒットを記録し、アルバムも制作。しばらく4人はスタジオ・ミュージシャンとして活動するが、1972年、レーベル・オーナーのジョナサン・キングが夢で見たというバンド名、10ccを名乗って活動を開始する。

デビュー・シングルは『Donna』は全英2位、3枚目のシングル『Rubber Bullets』は全英1位の売上を記録という快挙を成し遂げたものの、当初はビートルズのパロディと思われる曲調や一見コミカルな歌声など、コミックバンド的な要素も多かった。しかし74年のセカンド・アルバム『Sheet Music』以降はコミカルさを減らし、各メンバーの高いソングライティング能力が次第に現れていく。

そして75年、世紀の名作と呼ばれる3作目『The Original Soundtrack』をリリース。このアルバムは架空の映画のサウンドトラックという形で制作され、後にシングルカットされ全英1位・全米2位を獲得する代表曲“I'm Not In Love”を収録。この曲は実に624人分の歌声を重ねた重厚なコーラスが特徴で、この幻想的な楽曲は彼らの名声を世界的なものにした。またこの曲は日本のTVコマーシャルでも数多く使用され、日本人にとっても未だに慣れ親しまれている楽曲でもある。

翌76年にバンドは4作目『How Dare You!(邦題:びっくり電話)』をリリースするも、ツアー活動を重視するグールドマン、スチュワートと、レコーディングに専念したいクレーム、ゴドレイで意見が対立。最終的にクレームとゴドレイはバンドの脱退を表明し、ゴドレイ&クレームとして音楽活動をしながら、ギター・アタッチメント〈ギズモ〉の開発や、PV監督業を行うようになる。

残されたグールドマンとスチュワートはその後も活動を続け、77年には5作目『Deceptive Bends(邦題:愛ゆえに)』をリリース。メンバー脱退による危機を乗り越え、リード曲“The Things We Do For Love(邦題:愛ゆえに)”はヒットし、こちらも日本のCMで使用されるなど未だに多くの人に愛されている。

その後は4人のサポート・メンバーを正式加入させ6人体制になったり、再び2人体制へ戻ったり、ヒット曲にもあまり恵まれないなど混迷の時期が続き、83年には活動10年に及んだバンドを正式に解散させる。その後90年代に入り再結成がなされ、2枚のアルバムをリリース。再結成第1弾作『... Meanwhile』には脱退したゴドレイとクレームもゲストで参加し、話題を呼んだ。現在はグレアム・グールドマンがリック・フェン、イアン・ホーナル、キース・ハイマン、ポール・バージェスというメンバーを率いる形で継続して活動し、名曲の数々を歌い続けている。

2014年にはグレアム・グールドマンが〈ソングライターの殿堂〉入りも果たし、同年公開された映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」には“I'm Not In Love”が使用され大きな話題を呼ぶなど、未だに話題に事欠かない10cc。新春からBillboard Liveで彼らの名曲たちを堪能してみるのも乙なものかもしれない。


Live Information
10cc

2019年1月27日(日)Billboard Live TOKYO
1stステージ開場15:30 開演16:30
2ndステージ開場18:30 開演19:30
サービスエリア 9,800円/カジュアルエリア 8,800円

2019年1月28日(月)Billboard Live TOKYO
1stステージ開場17:30 開演19:00
2ndステージ開場20:45 開演21:30
サービスエリア 9,800円/カジュアルエリア 8,800円
★詳細はこちら

2019年1月30日(水)Billboard Live OSAKA
1stステージ開場17:30 開演18:30
2ndステージ開場20:30 開演21:30
サービスエリア 9,800円/カジュアルエリア 8,800円
★詳細はこちら

●来日予定メンバー
グレアム・グールドマン(ベース/ギター/ヴォーカル)
リック・フェン(ギター/ヴォーカル)
イアン・ホーナル(ヴォーカル/ギター/パーカッション)
キース・ハイマン(キーボード/ヴォーカル)
ポール・バージェス(ドラムス)

関連アーティスト
プレイリスト
pagetop