INTERVIEW

sauce81が訊く、マーク・ド・クライヴ・ロウが新作で日本をテーマとした背景

異なる文化をバックグラウンドに持つふたりの音楽家の対話

sauce81が訊く、マーク・ド・クライヴ・ロウが新作で日本をテーマとした背景

LAを拠点とする鍵盤奏者/プロデューサー、マーク・ド・クライヴ・ロウが2枚組の新作『Heritage I&II』をリリースした。ニュージーランド人の父親と日本人の母親を持つ彼は、ウエスト・ロンドンのブロークンビーツ・シーンでプロデューサーとして10年近く活動を続けた後、LAに移住。同地では出自であるジャズ・ピアニストとしての活動もリスタートし、ミゲル・アトウッド・ファーガソンやカマシ・ワシントン、ハーヴィー・メイソンら重要人物とも多数コラボレーションしてきた、LAシーンの陰のキーマンと言える存在だ。

そんなマークの新作のテーマは、日本。自身のルーツに真向から向き合った、数年前より進めてきたプロジェクトのひとつの集大成となる、自身にとってもっともパーソナルな作品となった。そんな作品が生み出された背景に迫るべく、Mikikiではマークへメール・インタヴューを実施。質問作成は、共演経験もあり、マークの新プロジェクトにも参加しているというgrooveman Spotとの77 Karat Goldceroの楽曲のリミックスでも知られるプロデューサーのsauce81が担当した。自身も幼少期をアメリカで過ごし、東西の異なる文化を背景に持ちバイリンガルでもあるsauce81からのレターのような熱のこもった問いに、マークがリプライした。

★sauce81やカルロス・ニーニョ、石若駿、沖野修也、DJ KENSEI、柳樂光隆が『Heritage I&II』へ寄せたコメントはこちら

MARK DE CLIVE-LOWE Heritage I & II rings(2019)

 

ホスト・ファーザーの書斎から、信じられないくらい最高な音楽が聴こえてきて

sauce81「マーク、『Heritage I&II』リリースおめでとう! 今作は自身のルーツでもある日本がテーマという事で、まずはマークの子供の頃のことから訊いていきたいと思います。その前に僕のことを少し話すと――僕自身は音楽的な家庭に生まれたわけではないんだけど、物心ついた頃から音楽が大好きだというのは認識していました。初めはロックやポップスが好きだったんだけど、いつしか普通の楽器では出せない変わった音色を鳴らすシンセや、既存の音楽をカットアップして再生するサンプラーに魅了されていたんだよね。魔法みたいだと思ったよ!

マークと音楽との出会いはどんな感じだった? ピアノを弾きはじめたきっかけや、生まれ育ったニュージーランドで聴いていた音楽、そして、日本人であるお母さんから受けた音楽的/文化的影響があれば教えてもらえる?」

マーク・ド・クライヴ・ロウ「音楽一家に生まれ育った僕の父は、自分では楽器をやってこなかったから子どもたちみんなに楽器を習わせたがっていて、僕は4才の頃にピアノを始めたんだ。レッスンではクラシックばかり弾いていたんだけど、僕はもっとモダンな音楽がやりたくて、ビートルズやスーパートランプ、クイーン、エルトン・ジョンの曲をソングブックから見つけて繰り返し弾いていた。父はミュージカル映画のサウンドトラックとビッグバンドのジャズが好きで、そういった父の所有するレコードはよく聴いていたよ。

高校では友達が聴かせてくれたガイに衝撃を受けて、ニュー・ジャック・スウィングに夢中になり、ネイティヴ・タンなどのヒップホップを貪るように聴いた。同時に、兄がくれたアーマッド・ジャマルの『The Awakening』(70年)、エロル・ガーナーの『Concert By The Sea』(1955年)なんかも聴いていたよ。この頃も(クラシック・)ピアノを弾いていたんだけど、ジャズや即興への好奇心が芽生えていって。でも、周りでその感覚を理解してくれる人を見付けられる気がしなかったから、ひとりでやってみようと決めてたんだ。

15才のときにドラムマシーンとシンセを買って、テディー・ライリーに影響を受けた音楽をニュージーランドのソウル/R&Bスタイルのアーティストと作りはじめたんだけど、その頃公開された映画「モ'・ベター・ブルース」(90年)を観て、自分の方向性が完全に変わってしまったんだ。そこには、僕がその存在すら知らず、ずっと思い描いていたすべての音楽がこの映画で表現されていたんだよね。それまでにマイルス(・デイヴィス)など50~60年代のジャズをすでに聴いていたけど、映画の音楽を担当したブランフォード・マルサリス、テレンス・ブランチャード、ケニー・カークランドらによるバンドの演奏に完全に圧倒されてしまって。そこから、〈いつかアメリカの音楽学校に行って、プロのミュージシャンになりたい〉と夢を思い描くようになった。

僕の母は“赤とんぼ”などをよく歌っていたし、かなり小さな頃からそういう日本の歌や神話、民話に慣れ親しんでいたよ。こうした母の影響で、自分がニュージーランド人であることと同時に日本人でもあるということを、小さな頃から理解することができていたんだ」

『Heritage I&II』トレイラー
 

sauce81「初めて日本に来たのはいつだったの? 横浜の学校に通っていた時期があったと聞いたけど、ホームステイ先のホスト・ファミリーから受けた音楽的・文化的経験や影響についても教えてください」

マーク「初めて日本に行ったのは10才のとき。母の家族に会いに東京や長野に行ったよ。以降、毎年夏に日本へ行くようになった。母と叔母は日本とニュージーランドの親交協会に関わっていて、毎年、長野の車山高原でニュージーランドのフェアをやっていたからいつも行ってたんだ。叔母は(長野の)姫木平あたりに別荘を持っていたから、日本では街と田舎それぞれの生活を経験していたよ。ニュージーランドの高校の修学旅行では、僕が生まれたオークランドの姉妹都市である福岡に行ったりも。でも、日本の文化や言葉を本格的に勉強したのは横浜の山手学院高校に通っていたときで、(横浜・)赤門町のお坊さん一家の家にホームステイしていたんだ。ホスト・ファーザーの住職という職業にありがたみを感じるにはまだ若すぎたけど、彼との出会いは大きかった……。

あるとき、ホスト・ファーザーの書斎の前を通りかかると、信じられないくらい最高な音楽が聴こえてきたんだ。ノックして〈何を聴いてるの?〉と訊くと、〈今日発売のマイルス・デイヴィスのプラグド・ニッケル・ライヴのボックス・セット(『The Complete Live At The Plugged Nickel 1965』)だよ〉と。しかもそのとき彼はマイルスの画集を見ていたんだ! 僕らふたりはジャズ・マニアだったんだよ。

それから昼は学校に行って、夜になると連れ立ってジャズ・クラブに通った。フレディ・ハバード、レイ・ブライアント、テレンス・ブランチャード、日本のジャズ・ミュージシャンでは板橋文夫、向井滋春、大西順子を一緒に観たよ。その頃大西順子はデビュー直前で、古野光昭のバンドで演奏してたんだ。彼女のサウンドは素晴らしくて、(デューク・)エリントン、マッコイ・ターナー、ケニー・カークランドを混ぜ合わせたみたいな感じだったな。その年は僕が人生で手に入れたいと思うものを100%確信できた年だった。〈ジャズ・ミュージシャンになりたい〉ってね。実はニュージーランドに帰国した後はロー・スクールに行く予定だったんだけど、きっぱり辞めたよ! ホスト・ファミリーとは長い付き合いで、4才年下のホスト・ブラザーはいまや住職でヴィジュアル・アーティストでもあるから、自然やアートが人生や仏教の哲学にいかに通ずるかよく話し合うんだ」

DJ KRUSHは本物だよ!

sauce81「マークとまったく同じ状況ではないけど、僕は幼少期にアメリカで育って、その経験は自分のアイデンティティーについて幼い頃から考えるきっかけになったんだけど、マークは、ふたつのバックグラウンドを持つことが自身の音楽や考え方にどういった影響をもたらしたと思いますか?」

マーク「ニュージーランドでは、少なくとも僕の周りに自分みたいな人は誰もいなかった。いまでこそ人種のるつぼと言われているけど、その頃はアジア人さえ珍しかったし、自分がどこに当てはまるのかわからなかったな。学年が上がるにつれて自然にポリネシアやマオリの子たちと仲良くなっていって、彼らとはヒップホップを通じて結束していった。そしてさっき言ったように15才のときに音楽を作りはじめて、(彼らと)コラボレーションやプロデュースなどをするようになったんだ。

家では完全にふたつの文化が共存していた。父は流暢な日本語を話せたから家ではいつも日本語が溢れていたし、家には日本のアートワークや装飾品があって、母は日本食を作っていた。家での習慣はすべて日本人らしさが反映されていたよ」

sauce81「僕がコンピューターで音楽を作りはじめたのは 18~19才の頃だったんだけど、その当時はインストのヒップホップとかエレクトロニカにハマっていました。そんな中でDJ KRUSHの大ファンになり、彼の音楽やインタヴューに衝撃を受けて、日本人として音楽を作ることについて考えさせられました。マークもKRUSHさんのファンだと言っていたけど、彼の音楽からはどのような刺激を受けましたか?」

マーク「DJ KRUSHは本物だよ! 彼の音楽に初めて触れたのは『記憶』(96年)だったと思うんだけど、ジャズとビートと日本の感性がブレンドされていて、すんなり僕の中に入ってきた。2017年にハーヴィー・メイソンとブルーノート東京で演奏したとき、彼と共演できたことは幸運だったな。ハーヴィーがバンドのライヴにDJを入れたいって言ったとき、僕はすぐにKRUSHさんを提案したんだよ。僕たちは3夜で共に演奏したんだけど、本当に素晴らしいコラボレーションになったし、またいつかKRUSHさんと音楽がやりたい。

彼はターンテーブルに対してとても音楽的なアプローチをしていて、天性の即興演奏家なんだ。僕たちはそれに似たようなアイデアを持っているけど、演奏での出し方はまったく異なっていて。それによってこそ創造的なコラボレーションが生まれるのかもしれない」

★関連記事:ハーヴィー・メイソン再来日! 共演するマーク・ド・クライヴロウがLAジャズの師を語る

sauce81「それから程なくして、僕はインストでやっていくことを決断するんだけど、それは他の言語を話さない人たちと〈平等〉になりたかったのと、自分のアイデンティティーを隠したかったからでした。いまでこそ英語で歌うし、日本語で歌うことにも興味があるけど、その頃は打ち込みに夢中で、さっき言ったようにインスト・ヒップホップ/エレクトロニカにハマってて、同時にディープ・ファンクやブロークンビーツ、ジャズなどのグルーヴにも心酔してたんだよね。4ヒーローやIG・カルチャー、バグズ・イン・ジ・アティックなどウエスト・ロンドンから生まれてくる音楽の流れでマークの音楽にも出会ったんだよね。

マークは以前、若い頃の夢はNYでストレイト・アヘッドなジャズ・ミュージシャンになることで、当時60~70年代以降のジャズには前向きじゃなかったと言っていたけど、幅広い音楽に耳を傾けるようになったきっかけは? また、NYでなくロンドンに行ったのはなぜ?」

マーク「それほど白黒はっきりとターニング・ポイントがあったわけじゃないんだ。20代前半の頃の僕はミュージシャンとして、60年代のマイルスや(ジョン・)コルトレーンのカルテットが築いたレガシーから、80年代後半~90年代前半にマルサリス兄弟が先導したリヴァイヴァルとその流れがすべてだった。それ以前からネイティヴ・タンのようなサウンドやニュー・ジャック・スウィングに夢中だった。でも当時の僕は、これらの音楽すべてがアメリカの黒人音楽の系譜の中でどれほど密接に繋がっているかまだ気付いていなかったんだ。

ロンドンに行く何年か前、僕はニュージーランドでストレートなジャズをやっていて、しかもアコースティックなジャズ・アルバムを2枚出していたし、それは『Six Degrees』を着想するずっと前のことなんだ。同時に、ドラマー、ラッパー、DJ、パーカッショニスト、管楽器奏者でジャム・バンドのライヴもやっていて。ジャズのひねりを加えたフリーフォームのヒップホップ・ファンクで、すごく楽しかったな。だから、ニューヨリカン・ソウルや4ヒーロー、特にジャングルのような音楽を聴いたとき、その音楽にどうやってフィットできるかを想像することができて、すぐに全部繋がったんだ。

でもそれがロンドンに行くきっかけではなくて。実はロンドンには(当時想いを寄せていた)女の子を追いかけて行ったんだよね。その子とは結局うまくいかなかったけど、そこで後にブロークンビーツを生み出すことになるクルーと知り合うんだ。彼らからは、僕がそれまでに大好きだった音楽すべてから影響を受けたような、でも存在を想像すらしたこともないような音楽を聴かせてもらったよ。そんな音楽が形作られていく場にいたというだけでなく、その形成に貢献できたし、それが僕をミュージシャンとして、プロデューサーとして成長させてくれたんだ」

マークの2000年のアルバムで、ジャズやフュージョン、ラテンなどをダウンテンポやドラムンベース、ハウスのフォーマットに落とし込んでいる

次ページLAに来て、人生に突然ジャズが戻ってきたんだ
関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop