2019.02.01

ノルウェーの若きトップ・プロデューサーがアルバム・デビュー。プログレ・ハウスを基盤としたプロダクションには、ダンスホールやムーンバートンのテクスチャーも入り、その広がりのあるサウンドは、これまで提示してきた胸焦がすメロディーや透明感のあるヴォーカル陣とも調和し、普遍的なポップスとしての輝きも放っている。大ヒットした“Faded”をアルバムの締めに持ってくるベタな展開も良い。

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop