ミミキキ・トレイニーズ・ダイアリー

ニュメロの怪盤、アンデスのフルートmix、○○ウェイヴなど

ふだんのトピックスで取り上げきれなかったネタのなかから、やっぱり気になるなぁという情報をいくつか紹介します。

まずは、いつも最高の発掘音源を届けてくれるニュメロより。ソラリスという70年代UK(?)のグループの音源集『The Waves of The Evernow』がかなり強烈でした。レーベルのサイトではアモン・デュールリッチー・ブラックモア(マジか)、アート・アンサンブル・オブ・シカゴという偉人たちからのカオスな影響が書かれていますが、音の方もさもありなんといったところで。フル試聴できるので聴いていただいた方が早そう。

 

続いては、カリフォルニアニュー・ディスコ系プロデューサー、ハッチバックの最新ミックス音源。彼が2011年にリリースしたアルバム『Zeus & Apollo』は当時はチルアウトバレアリック的な文脈で語られることが多かったものの、いま振り返れば現在も続くニュー・エイジ再評価に先鞭を着けた作品と言えそう。個人的にもアナログで買ったほど大好きで、こっち系の音では生涯ベスト級のお気に入り盤です。そんなハッチバック、なぜかこのミックスはアンデスフルート音楽に特化した内容。彼のチル感覚はここまできているのかと。

 

イタリア(?)のヴェイパーウェイヴ系アーティスト、ブラッドウェイヴトピックスでも取り上げたラグジュアリー・エリートへ新曲“4LUX”を捧げた模様。バブリーな空虚感が漂うある意味王道のプロダクション。というかこの界隈の人たちの動きを、まずは「同一人物なんじゃないか?」と勘ぐるところか始めてしまう知識不足を解消したいです。

 

そしてラストは、結局同一人物(というかプロジェクト)だったジェイムズ・フェラーロスキ・ガールズ名義のアルバム。唐突にこのヴォリュームで発表されてびっくりしましたが、退廃的な空気感がフェラーロ色な気がしてクセになってます。

早足ですが、今週はこのへんで。

【プロフィール】
船越 太郎

船越 太郎 (ふなこし たろう)

Mikiki編集部員。タワーレコード入社後、店舗バイヤーを経てオンラインのニュース担当となり、このたび〈耳利き〉への第1歩として編集部で勉強することに。ラーメンより蕎麦派。ジャズが流れているシャレオツ蕎麦屋より断然老舗派です。

ポール・マッカートニー