DISC GUIDE

【特集:ZOKKON OF THE YEAR 18→19】でんぱ、BiSH、欅坂46、ブクガ、RYUTist、バニビ――2018年の必聴盤をプレイバック!

NEVER SLEEP AGAIN 2018
[ 特集 ]ZOKKON OF THE YEAR 18→19
恐るべき地殻変動はまだ止まらなさそうですが、やはり2018年も理屈抜きでいい作品は山ほどあった!と言いたいし、2019年もきっと楽しいものが楽しいと思ってたいね!

 


2018年が生み出した必聴盤のごくごく一部をご紹介!

欅坂46 ガラスを割れ! ソニー(2018)

結果的に1期生20名(+ねる)でのラストとなったシングル。不動のセンター・平手友梨奈の存在感も圧巻なアグレッシヴなパフォーマンスと湧き上がるエモーションもここで最高沸点に達したか。尾関梨香、小池美波、長濱ねるのほのぼのとしたユニット曲“バスルームトラベル”も愛おしく。 *久保田

 

乃木坂46 シンクロニシティ N46Div./ソニー(2018)

発表した3枚のシングルではセンターがそれぞれ異なりましたが、白石麻衣によるこちらはステージ・パフォーマンスのスケールも大きく、なんたってラストのまいやんのキメ顔が◎。結成初期からグループの顔として活躍した生駒里奈のラスト・シングルであったことも忘れられない。 *久保田

 

ハロプロ研修生 Rainbow×2 アップフロントワークス(2018)

前作から約4年ぶりとなったセカンド・アルバム。〈ハロプロっぽさ〉に熟れてない感じもひとつの良さだったりしますが、そもそものパフォーマンス・スキルは高く、感動的なオープニング“Rainbow”やブラス・ファンク調の“43度”など、たくましさを感じさせる場面はあちこちに。 *久保田

 

でんぱ組.inc プレシャスサマー! MEME TOKYO/トイズファクトリー(2018)

2017年末のサプライズ増員から始まり、2019年の元日にアルバムをリリースして、先ごろ夢眠ねむを見送ったばかりの彼女たち。その間の過渡期になった昨年は2枚のシングルを残していますが、カオスでハイパーな玉屋2060%節が堪能できるのはこちら。新メンバーの持ち味も活かす作りも周到でした! *出嶌

 

Maison book girl elude ポニーキャニオン(2018)

それまで通りにマイペースなようでいて、注目の輪を自然に大きくしてきた印象もある2018年のブクガとサクライケンタ。傑作すぎる『yume』は前号で紹介したのでその前段となる本シングルを紹介しておきますが、アルバムの何とも好ましい生々しさの前ぶれはここにも顕著に溢れ出ています。 *出嶌

 

吉川友 DISTORTION/ときめいたのにスルー アップフロントワークス(2018)

〈吉川友にぱいぱいでか美〉名義も含む配信曲に加え、アカシックと大森靖子を起用したこちらの両A面シングルも残している2018年のきっか。大森の詞曲による“ときめいたのにスルー”はこれまでの“歯をくいしばれっっ!”“さよなら、スタンダード”同様、編曲をサクライケンタが軽快に仕上げています。 *出嶌

 

ぜんぶ君のせいだ。 トナリコレアラタ コドモメンタルINC.(2018)

次々とアイドル・グループを増殖させているコドモメンタルINC.の中でも、もっとも勢いづいている〈ぜん君〉。現体制で初のシングルは、〈君の隣にいたい〉と言えない女の子の〈自身革命〉をテーマにした楽曲で、4人のエモーションも全開。この後のアルバムへと弾みをつけました。 *久保田

 

ゆくえしれずつれづれ exFallen コドモメンタルINC.(2018)

今年に入ってからの動向はさておき……メンバー加入で始まったつれづれの2018年は、この激ラウドなセカンド・アルバムでひとつのピークを迎えました。アッティラのクリス・フロンザックを迎えた冒頭の“Phantom Kiss”から、シャウトと美メロの飛び交う怒涛の凄まじさたるや……。 *出嶌

 

タワーアカデミー
pagetop