2019.02.04

キャプチャード・トラックス主宰のマイク・スナイパーが惚れ込み、自身のレーベルに引き入れたリーズ出身の若手3人組。正式なアルバム・デビューに先駆けて届いた本作は、シングルやB面曲から成る挨拶代わりの編集盤だ。ソニック・ユースに通じるフリーキーなノイズもあれば、ワイヤーを彷彿とさせるダークなポスト・パンクもあり、良質なインディー・ロックを紹介してきたマイクが興奮するのもよくわかる。

関連アーティスト
pagetop