2019.02.12

近年は〈森〉や〈季節〉をコンセプトにした美しい世界観のリリースが続いていたマーティン・シュルツだが、今作もタイトル通り〈水中のサウンドトラック〉がテーマ。海底をひたすら潜っていくようなディープなトラックから水面を漂うような美しい楽曲まで、ロシア極寒の地でじっくり低温醸成されたアンビエント・テクノ~ダブ・テクノを展開。ダークに寄りすぎず、どこか抜けの良さを感じさせるところが流石ですね。

関連アーティスト
pagetop