COLUMN

〈コンサート・ソムリエ朝岡聡のShall we オペラ!?〉 極上の出演者たちによるナビゲートで、オペラとその空間を味わうひととき

朝岡聡

 

オペラ入門にも! 極上の出演者たちによるナビゲートで、オペラとその空間を味わうひととき

 「レディになりきってオペラとシャンパンを楽しみ、特別な一日を過ごしたい」。それは、シンデレラの舞踏会と並んで全世界の女性の根底にある、憧れとしてのクラシックのイメージだ。

 クラシック好きの男性の中にも、そんな憧れを理解し、愛する人は多い。コンサート・ソムリエの朝岡聡さんもその一人だろう。軽妙な語り口で私たちを音楽の世界に誘う彼が、魅惑のオペラの世界を紹介するコンサートがこの春、銀座ヤマハホールを舞台に華やかに開催される。

 テーマは「華麗なるイタリアオペラをきらめく美声で味わう」。ヴェルティの歌劇『リゴレット』より「女心の歌」や『椿姫』 より「花から花へ」、プッチーニの歌劇『ジャンニ・スキッキ』より「私のお父さん」、『蝶々夫人』より「世界中どこでも放浪者のヤンキーは」、そして「ある晴れた日に」など、名曲中の名曲の数々が、オペラの基本、愉しみ方からあらすじまでの解説付きで味わえる。

左から、生野やよい、笛田博昭、河原忠之(c)K.Miura

 本場イタリア仕込みの美声を披露するのは、生野やよい(ソプラノ)と笛田博昭(テノール)。そして伴奏を担当するのは、やはりイタリアでオペラ学び、名だたる歌手たちの信任も厚い名ピアニスト、河原忠之という豪華さだ。

 音楽、演劇、文学はもちろん、最新映画界の動向や最先端のファッション、時には現代社会へのメッセージまでが味わえる、とびきりエンターテインメントなオペラの世界。その世界は、知れば知るほどおもしろい。一見難しそうに思えて躊躇している人がいたら、まったくそんなことはない。基本がわかれば、あとは楽しむだけ。コンサートをきっかけに、たくさんの方に足を踏み入れてほしいと、心から思う。

 終演後には、アーティストとともに銀座資生堂ビルのサロンでアフタヌーンパーティーにも参加できる。日本のエレガンスの粋のような会場で、ステージ上とはちょっと違うアーティストの素顔に触れることのできる貴重な機会だ。銀座という舞台をフルに生かしたスペシャル・プランで、春の午後のひとときを“特別”に彩ってみてはいかがだろう。

 音楽を聴くこと、楽しむことは人間の本能。神様からのギフトだ。だから、冒頭のような憧れにも「まずはそれでいいんだよ!」と伝えたい。劇場へ家族や友人たちを誘ったときの「おしゃれしてきた」という照れる笑顔が、私は大好き。だからオペラ好きの方も、誰かを誘って出かけてほしい。誰かと一緒に音楽を分かちあう特別感は、かけがえがないから。

 


LIVE INFORMATION

Elegant Time Concert ~上質な時間を貴方に~
コンサート・ソムリエ 朝岡 聡の「Shall we オペラ!?」
~華麗なるイタリアオペラをきらめく美声で味わう~

○4月12日(金) 12:30開場/13:00開演
会場:ヤマハホール
出演:《ナビゲーター》朝岡 聡(フリーアナウンサー&コンサート・ソムリエ)
《演奏》生野やよい(ソプラノ)/笛田博昭(テノール)/河原忠之(ピアノ)
曲目:
G.プッチーニ/歌劇「ジャンニ・スキッキ」 より “私のお父さん”
G.ヴェルディ/歌劇「リゴレット」 より “女心の歌”
G.ヴェルティ/歌劇「椿姫」 より “そはかの人か”~“花から花へ”
G.ヴェルディ/歌劇「仮面舞踏会」 より “永遠に君を失えば” 二重唱“私は貴女のそばにいる”~“この胸はときめき”
G.プッチーニ/歌劇「ラ・ボエーム」 より “冷たき手に” “私の名はミミ” 二重唱“可愛らしい娘さんよ”
G.プッチーニ/歌劇「蝶々夫人」 より  “世界中どこでも放浪者のヤンキーは” “ある晴れた日に” 二重唱“私に小さな幸せをくださいませ”

 

pagetop