COLUMN

【PEOPLE TREE】CHICAGO 『Chicago XXXVI: Now』 Part.1

ウッドストック〉の行われた69年、音楽シーンの流れが大きく変わろうとしていたその年に、あるバンドが本格的な活動を開始する。従来のロック・フォーマットにブラスを採り入れ、当時としては画期的な編成で新時代を牽引した彼らは、以後、時流に合わせてスタイルを変えながら、質の高いエンターテイメント性を維持し続けてきた──シカゴ。朝靄に包まれた甘いまどろみ、素直になれない別れ際、心浮き立つ土曜の昼下がり、そこにはいつもあの音が鳴っていた。そして今も……

 

 

 

 オリジナルの新作としては『Chicago XXX』から約8年ぶりとなる『Chicago XXXVI: Now』を発表したアメリカン・ロックの雄、シカゴ。ひと口に8年と言うと、長いブランクがあったように思いがちだが、実際の彼らは毎年ツアーで世界中を駆け、日本にも3回来ている。作品的にも、94年に完成したままお蔵入りしていた幻のアルバムが『Chicago XXXII: Stone Of Sisyphus』として陽の目を浴びたのを筆頭に、75年の未発表ライヴ音源『Chicago XXXIV: Live In '75』やクリスマス盤『Chicago XXXIII: O Christmas Tree』などを出し、昨年もセルフ・カヴァー集をデジタル・リリース(サイトではCDも)。これは今作の発表前に〈35〉とナンバリングされた。折しもこの6月には、かつてバンドの表看板を背負ったピーター・セテラがクラブ公演のために来日。何かと話題の絶えないシカゴ周辺だったから、ファンも新作への枯渇感は強くなかったのではないか。

CHICAGO Chicago XXXVI: Now Frontiers/MARQUEE(2014)

 そんなところにすんなり登場した『Chicago XXXVI: Now』。振り返ればツアーで新曲を披露するなど、実は2年ほど前から断片的なニュースが届いていた。昨年にはリード曲の配信も始まったが、〈XXX〉の時は15年以上もオリジナルの新作を出さず、ファンをヤキモキさせた連中である。リリースへ漕ぎ着けるにはもっと時間が必要、と思い込んでいた。

 長きに渡って新作がなかった原因のひとつは、従来のAOR路線を離れたいと思っていた彼らが新たな地平をめざした渾身の冒険作〈Stone Of Sisyphus〉にある。これが新機軸を望まないレコード会社の圧力で未発表となり、そのショックがバンドに暗い影を落としたのだ。彼らは企画作品やライヴ盤でお茶を濁し、せっかくの新曲もベスト盤に収録するだけ。結束が乱れたメンバーのなかには、「もうツアーだけやっていけば良い」というネガティヴな発言さえ出たという。

 だが、シカゴの熱狂的なファンであるラスカル・フラッツジェイ・ディマーカスがプロデュースを買って出て、〈XXX〉が完成。2年後には因縁の〈Stone Of Sisyphus〉も世に出て、メンバーは大いに溜飲を下げたに違いない。今度の『Chicago XXXVI: Now』も、録音時期の近い〈XXX〉より、むしろ〈Stone Of Sisyphus〉に似た印象がある。これはバンドが〈サプライズと探求の心〉を取り戻した証左だろう。もちろん〈XXX〉にもそんなスピリットがあったと思うが、勢いで急ぎ作り上げた作品ゆえ、全員が一丸となってモチヴェーションを上げる余裕はなかったと思われる。

 

洗練されたコンテンポラリー・スタイルの確立

 そう、シカゴはデビュー当時から〈サプライズと探求の心〉に満ち溢れた連中だった。前身のビッグ・シングの結成が67年。当初は管楽器入りのリズム&ブルース・バンドをめざしたものの、直後に届いたビートルズ『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』に衝撃を受け、音楽性を拡大。その年の暮れには、同郷シカゴのトップ・バンド、エクセプションズからピーター・セテラを引き抜き、翌年LAへ進出する。当時の名前はシカゴ・トランジット・オーソリティだった。

 【参考動画】シカゴ・トランジット・オーソリティの69年作『The Chicago Transit Authority』収録曲
“Does Anybody Really Know What Time It Is?”

 アルバム・デビューは69年4月。新人では異例の2枚組LPだった。それでもホーンを擁したニュー・ロックというスタンス、ライヴでの奔放なインプロヴィゼーション、知性溢れる社会的なメッセージなどが評価され、一躍注目の的に。一方でシカゴ運輸局からのクレームにより、バンド名を縮めざるを得なくなるオチもついたが、またしても2枚組で出した2作目『Chicago II』(70年)から“25 Or 6 To 4”が大ヒットし、人気を確かなものにする。ブラッド・スウェット&ティアーズチェイスと並んでブラス・ロックの牽引役と目され、日本でもローリング・ストーンズレッド・ツェッペリンらに匹敵する人気を誇ったというから凄まじい。72年の2度目の来日公演を収めた『Live In Japan』は、日本限定の番外編にも関わらず、サンタナベック・ボガード&アピスマイルス・デイヴィスディープ・パープルらの〈Live In Japan〉ブームに先鞭を付けた。

 【参考動画】シカゴの72年作『Chicago V』収録曲 “Saturday In The Park”

  しかし、このライヴ盤を挿むかたちで制作・発表された『Chicago V』(72年)は、彼らの変化を如実に物語っている。よりポップで親しみやすく、少し内省的でソフトな質感──そんな楽曲が増えたのだ。その象徴が、全米TOP3入りして初のミリオンセラーとなった“Saturday In The Park”。同曲の成功と初のシングル・アルバムだったのが功を奏し、〈V〉は見事に全米No.1に輝く。これを機に着々とポップ化を進め、ジャズソウルファンクラテンといった多彩な要素をさらに深く追求。洗練されたコンテンポラリー・スタイルを確立した。70年代中盤に訪れたビーチ・ボーイズとの交流(〈ビーチカゴ〉と呼ばれるジョイント・ツアーや互いのレコーディングに参加)や、元セルジオ・メンデス&ブラジル66のパーカッション奏者であるラウジール・ジ・オリヴェイラの加入はその好例。バンドの中核を担うロバート・ラムが初のソロ作『Skinny Boy』を発表したのも、74年である。

 ただし、ポップ化を巡ってはバンド内にも対立があり、原点回帰派との衝突が起きた。その両者の拮抗が、バランス感に優れた『Chicago VIII』(75年)のような好盤を生んだのも事実なのだ。が、それも『Chicago X』(76年)からセテラの歌うバラード“If You Leave Me Now”が初の全米No.1になって決着。続く『Chicago XI』(77年)からもセテラの“Baby, What A Big Surprise”がTOP5入りし、シカゴはコンテンポラリー・ポップの代表格としてキャリア最初の頂点を極めていく。

 【参考動画】シカゴの77年作『Chicago XI』収録曲 “Baby, What A Big Surprise”

  そんな順風満帆の彼らが悲劇に見舞われたのは、78年1月のこと。リーダーのテリー・キャスが銃の暴発事故で急死したのだ。折しも彼らは、グループを発掘して人気バンドへ導いたプロデューサー、ジェイムズ・ウィリアム・ガルシオと訣別した直後。かくして10枚目のオリジナル盤『Hot Streets』(78年)は、新ギタリストにドニー・デイカス、プロデューサーにフィル・ラモーン、ゲストにビー・ジーズを迎え、フレッシュな心機一転作となった。何より、タイトルに番号を振らなかった点に、再出発に賭けるグループの意気込みが感じられたものである。だが、ディスコに挑戦した次作『Chicago 13』(79年)は賛否両論を巻き起こし……というより、オールド・ファンにははっきり不評。栄光のシカゴは、あっという間に奈落の底へと落ちていった。 

 

 

 

別の評価軸から新たな光が当たり……

 そこに現われた救世主が、かのデヴィッド・フォスターである。後にマイケル・ジャクソンセリーヌ・ディオンら超大物を手掛ける名プロデューサーの彼も、当時はまだセッション上がりの新進で、大きなヒットはホール&オーツや作編曲で関わったアース・ウィンド&ファイアぐらいだった。だが、バラード中心に組み立てるフォスターのAOR的なセンスは、セテラと絶妙なマッチングを見せ、バンド2曲目の全米No.1ソング“Hard To Say I'm Sorry”を放つことに。次いで“Love Me Tomorrow”や“You're The Inspiration”も全米TOP3になり、アルバムも『Chicago 16』(82年)、『Chicago 17』(84年)と立て続けにヒット。バンド存続の危機を一気に翻した。ダニー・セラフィン(ドラムス)の推薦で〈16〉から加入したビル・チャンプリンの貢献も大きく、〈17〉発表後のセテラ脱退は、チャンプリンとフォスターの存在感で乗り切ったと言える。セテラの後任であるジェイソン・シェフもその穴を見事に埋め、シカゴはそのままAOR路線をひた走った。それ以降はリズム隊のメンバー交替が続くが、ホーン隊3人とロバート・ラムはいまも健在。不動のポジションにいたはずのビル・チャンプリンも2009年にバンドを離れ、現在はスモーキー・ロビンソンテンプテーションズケニーGらに楽曲提供し、ソロ作もあるルー・パーディニが後に収まる。

 【参考動画】シカゴの82年作『Chicago 16』収録曲 “Hard To Say I'm Sorry”

  そんなシカゴは、いまもって〈ブラス・ロックの代表選手〉、または〈甘美なバラード・ヒットを多く持つAORバンド〉という目線で語られるのが常。もちろんそれは間違いではないし、世界に通用するパブリック・イメージでもある。しかしながら、90年代レア・グルーヴ・ムーヴメント勃発後は、クラブ世代を中心に彼らへ注がれる視線にも変化が出てきた。きっかけは、デ・ラ・ソウルバケットヘッズによる“Saturday In The Park”“Street Player”のサンプリング使用。アルバムだと『Chicago VII』や『Hot Streets』『Chicago 13』など、それまであまり正当に評価されなかった、熱気と洗練を併せ持つクロスオーヴァー・テイストの作品群が、新たな評価軸で俎上に乗ってきたからだろう。また、初期作品からも“I'm A Man”や“Free”などグルーヴィーなブルーアイド・ソウル曲がフロア・ユースに。〈ブラス・ロック云々〉的なキャッチは、よもや何の役にも立たない。

 ドニー・デイカス時代の70年代末期も、フットワークの軽い16ビートを持ち込んだ彼のキャリアを辿ると、よく知られたスティーヴン・スティルス・バンドでの履歴だけでなく、クラブ・アンセム“Battened Ships”でお馴染みのオデッセイボズ・スキャッグス・バンドに在籍していたのが浮かび上がる。そのうえ、シカゴが低迷した80年代初頭には、多くのメンバーがリオン・ウェアと共にブラジルの名シンガー・ソングライターであるマルコス・ヴァーリをサポート。ヴァーリのアーバンメロウ化を助けていた。フォスターとの邂逅からAORに突き進んでいくシカゴだが、その直前にこんな示唆的なコラボレートを行なっていたのだ。

今回の『Chicago XXXVI: Now』で感じたのは、シカゴが久しぶりに自然体で作ったオリジナル・アルバムではなかったか、ということ。バンド主導の流通体制を築いたため、悪戯にセールスを気にしたり、レコード会社からいらぬプレッシャーを与えられることもなくなった。メンバーは互いに適度な緊張感を保ちつつ、より自由な環境で制作に没頭できたはず。それが70年代中盤~後半頃のバンドのイメージとダブらせる。結成メンバーの年齢を考えたら、残された時間はもう長くはないかもしれないが、〈Now〉と題された創造力漲る充実作の登場で、今後のシカゴに大きな期待を寄せてしまう自分だ。

 

 

 

▼シカゴの作品を一部紹介

左から、2008年にリリースされた『Chicago XXXII: Stone Of Sisyphus』、2011年のホリデイ盤『Chicago XXXIII: O Christmas Tree』、2007年のベスト・アルバム『The Best Of Chicago: 40th Anniversary Edition』(すべてRhino)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

40周年プレイリスト
pagetop