2019.02.26

元ウー・ライフのエラリーと恋人のエボニーによるデュオ、ラーが改名して2年ぶり2枚目のアルバムを発表。ジョン・コングルトンの指揮のもと、冒頭のエレクトロ・グランジをはじめ、叙情的な音世界をより深化させていて、エモい男声とクールな女声の対比も鮮やかに。とりわけ深い悲しみ/闇を描いたビートレスの“The Breath Of Light”や、ブルージーな“Black Sun Rising”など音数を絞った楽曲に成長の跡が見える。

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop