COLUMN

遊助 『遊助BEST 2009-2019 あの・・あっとゆー間だったんですケド。』 デビュー10周年を迎えた遊助を撮り下ろした別冊TOWER PLUS+発行

遊助 『遊助BEST 2009-2019 あの・・あっとゆー間だったんですケド。』  デビュー10周年を迎えた遊助を撮り下ろした別冊TOWER PLUS+発行

タワーレコードでは、『遊助BEST 2009-2019 あの・・あっとゆー間だったんですケド。』のリリースを記念して、フリーマガジン〈TOWER PLUS+〉の臨時増刊号〈別冊TOWER PLUS+〉を2月27日(水)に発行いたします! 
※タワーレコードオンラインを除く全店で開店時より配布スタート。ただし、天候や交通事情により入荷が遅れる場合がございます。 ※別冊TOWER PLUS+は無くなり次第終了となります。

遊助 遊助BEST 2009-2019 あの・・あっとゆー間だったんですケド。 MASTERSIX FOUNDATION(2019)

2009年にシングル『ひまわり』にてシンガーとしてデビューを果たした遊助。それから一歩一歩と歩みを進めてきた10年間。その軌跡は、この自身初のオールタイム・ベストにしっかりと刻まれている。これまでリリースした26枚全てのシングルの表題曲はもちろん、ミニアルバムからは〈YOSAKOIソーラン祭り〉で大いに盛り上がる“ヨッシャ来い!”も収録。またタイプ別の収録内容もバラエティに富み、初回限定盤Aには、他アーティストをフィーチャリングした〈遊turing〉楽曲を含む44トラックにもおよぶ大ボリュームのPV集Blu-rayが。初回生産限定盤Bには、アルバムに収録していた自身の実体験を描いた“History”~“History VI”に今回書き下ろした“History VII”を加えたCD〈History盤〉が付き、より遊助の人となりが伝わってくる。さらに通常盤だけに収録された〈遊turing〉の極めつき、新曲“もぉ10年 遊turing 10年前の俺”も聴き逃せない。まさに、あっとゆー間に過ぎた10年の足跡を一緒にたどって欲しい。

関連アーティスト
pagetop